平塚版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

浜大門通り新光会の会長を務める 中村 彰伸さん 八千代町在住 36歳

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

耐えた苦は自信になって

 ○…台風が接近した7月27日、「何とかやろう」と今年も「浜大門通り復活祭 夕暮れ酒場」は開催した。3年前に由緒ある通り名を復活させたのを契機に、まずは「面白い事をやろうというバカ野郎な発想でしたね」と豪快に笑う。会の中では最年少の若旦那が仕掛ける活気あるひと時だ。

 ○…生を受けたのは大正時代から続く中秋蒲鉾店。店の手伝いでカレー団子を串に刺しながら、目を盗んでは口へ運ぶ子どもだった。バレたら父に叩かれたが「ぶたれても食べたいほど美味い」。恵まれた体躯で「柔道を」と高校に進むも、柔道部がなく、呆気にとられているとラグビー部に右腕をぐいと掴まれた。初心者ラガーマンは競技を学び、ケーブルテレビで大学の試合を観たとき京都産業大学のスクラムトライに驚愕。それは憧れに変わった。

 ○…「人生は一度きり」と勇んで入った京産大。しかし、体育会の洗礼で同期16人中5人が3カ月で退部した。一般人では想像しえない運動の質や量、加えて洗濯などの下働きの日々を耐え抜き、3年次にレギュラー、4年次にはゲームキャプテンを任された。「思い出したくもない日々」だが、「あれに比べれば何も苦じゃない」と達観。ともに苦しんだ仲間は唯一無二の宝だ。森永乳業の営業職を経て2010年、平塚に戻り、いつからか「継ぎたい」と思っていた家業を継いだ。

 ○…今では小学5年と2カ月の息子の父。店を継いでとも、ラグビーをやってとも思わないが、「何でもいいから好きなスポーツを見つけて欲しい。やる以上は一生懸命に。やり続けるには根本に”好き”が無いとだめだから」。好きと言えば酒もそう。ビールでは酔ったことが無い。人を、街を元気にするアイテムとして大好物を選んだわけだ。

平塚版の人物風土記最新6

浦瀬 浩一さん

4月17日付で大神工業会の第9代会長に就任した

浦瀬 浩一さん

(株)神奈川環境クリエイト代表 54歳

5月21日号

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

企業向け感染症コンサルタント「感染症ドットコム」を運営する

向田 朋之(むかいだ ともゆき)さん

纒在住 40歳

5月14日号

相馬 純さん

市内の保育園などにマスクを寄贈した「相馬工業」代表取締役を務める

相馬 純さん

纒出身 39歳

5月8日号

八木 賢一さん

「平塚まちなか活性化隊」メンバーで「平塚お弁当まっぷ」を立ち上げた

八木 賢一さん

明石町在住 38歳

4月30日号

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

4月23日号

若狹 裕樹さん

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)第30代会長に就任した

若狹 裕樹さん

北金目在住 41歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク