平塚版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

地域の子供向けの学習支援活動を始めた花水地区町内福祉村の会長を務める 宮田 憲二さん 袖ケ浜在住 72歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

諦めないで生きる力を

 ○…花水地区町内福祉村で会長を務めて5年目になる。同福祉村は「これまで主に高齢者支援に取り組んできたが、子供と関わることで多世代交流の場をつくりたい」と7月から新たに、地域の小学生向けの学習支援に乗り出した。勉強への苦手意識を克服するサポートだけでなく「この活動は、子供たちと笑顔で交流を深め、『ありがとう』と感謝されることもある。我々にとっては『生きがいづくり』にもなり、健康寿命の延伸にもつながるとうれしい」と話す。

 ○…生まれも育ちも平塚市。中学時代に出会った数学教師の授業が特に面白く、数学の難問に挑戦する楽しさを知った。「諦めずに解いていけば、きれいな結論を導き出せるのが魅力」と言う。好きが高じて高校進学後は、自ら「数学部」を創設。「部員たちと難問・奇問を持ち寄って一緒に解いた。何日も考え抜いた末に解けるとすっきりする」と笑顔で語る。

 ○…大学で会計学を学ぶと、卒業後は実家が経営する米屋へ。市内の米屋が減りつつある中、現在も現場仕事に汗を流す。花水小、浜岳中ではPTA会長を歴任したほか、1993年からは約20年にわたり扇松商店会の会長として地域振興に尽力。「昔は七夕まつりの日に、東宝映画の女優たちが招かれパレードに参加していた。海岸通りの扇松前でスピーチしてもらうなど、すごく盛り上がった」と振り返る。

 ○…多忙な日々の中、家庭では子供3人を育て上げ、孫6人に恵まれた。休日には家族での箱根旅行のほか「子や孫を連れてディズニーランドへ。もう10回以上行っている」という。「数学でも人生でも、大事なのは『諦めないこと』。活動を通じ、その大切さを伝えたい」。これからも、次世代を担う子供たちの「生きる力」を育んでいく。

平塚版の人物風土記最新6

相澤 孝文さん

エア七夕平塚の「七夕ぬりえコンテスト」で原画を手掛けた

相澤 孝文さん

花水ラオシャン本店 大将 54歳

7月2日号

井上 純一さん

5月26日付で(公財)平塚市まちづくり財団の理事長に就任した

井上 純一さん

豊原町在住 64歳

6月25日号

加藤 智輝さん

セパタクロー強化指定選手として活躍する

加藤 智輝さん

湘南ベルマーレ(平塚)勤務 23歳

6月18日号

元島 新さん

「平塚YouTuberしん」として平塚市についての動画を発信する

元島 新さん

平塚市在住 23歳

6月11日号

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月4日号

内田 敏夫さん

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている

内田 敏夫さん

天沼在住 83歳

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク