平塚版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

最高齢勝利記録を24年ぶりに更新した 三ツ井 勉さん 平塚競輪場所属 64歳

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

「意思貫く」競輪界の鉄人

 ○…24年ぶりとなった最高齢勝利の記録更新は「そうだったの程度」のどこ吹く風。何よりも今年初めて獲得した1着を喜んでくれる周囲の反応が「とても嬉しかった」と振り返る。レースはラスト1周を告げる打鍾と同時に中団から抜け出し、力強くゴールラインを駆け抜けた。「競輪の素質はない」と謙遜するも、「気持ちだけは負けたくない」と39年間、プロの世界を生き抜く。

 ○…20年前の平塚競輪移籍を機に、朝練を取り入れるようになった。早朝6時から自転車を使って3時間ほどグループ練習で汗を流し、コンディションと相談しながら空いた時間に筋力トレーニングを行うなど、気が付けば「練習の虫」と比喩されるほどになった。50代後半で時速60Km以上で走る自転車から落車し、選手生命を脅かす腰椎骨折を経験。体力の衰えを感じながらも、「治れば元通りになる」と自分に言い聞かせた。長く現役を続けたいと願う若手選手に向けて、気持ちの重要性を説く。

 ○…他界した妻との間に、1男1女の子宝に恵まれた。長男は高校卒業後の進路で悩んだ挙句、父の背中を追って競輪界に飛び込み、親子から師弟関係となった。当時は「向こうが避けていた」と感じていた競輪に関わる会話は、長男の実力が上がるごとに増え、「肩を並べて話せるようになった」と成長を喜ぶ。

 ○…1980年にデビューした125人の同期は次々と引退し、残りは2人だけとなった。競輪界は、半年ごとに競争成績の下位30人の選手登録をはく奪、引退を通告する厳しい世界だ。現在、自身も現役生活に黄色信号が灯っており、「挽回は奇跡に近い」としながら、「今さら練習量を増やすのではなく、基本に立ち返る」と最後まで足掻くつもりだ。

平塚版の人物風土記最新6

大貝 敏次さん

関東商工会議所連合会から表彰を受けた日本珠算連盟茅ヶ崎支部の前会長

大貝 敏次さん

龍城ヶ丘在住 74歳

8月13日号

齋藤 弓子さん

平塚市を含む「湘南助産師会」の初代会長に就いた

齋藤 弓子さん

茅ヶ崎市在住 71歳

8月6日号

田中 邦男さん

7月1日付で平塚市漁業協同組合の代表理事組合長に就任した

田中 邦男さん

札場町在住 61歳

7月30日号

早稲田 暁生さん

平塚サーフユニオン代表を務める

早稲田 暁生さん

撫子原在住 37歳

7月23日号

藤井 大地さん

火球を撮影した平塚市博物館の学芸員

藤井 大地さん

西八幡在住 34歳

7月16日号

小野 みつ子さん

国際ソロプチミスト平塚の新会長に7月1日付で就任した

小野 みつ子さん

諏訪町在住 71歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク