平塚版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

8月に開催された第70回全国高等学校柔道大会男子60kg級で準優勝した 五十嵐 健太さん 南原在住 18歳

スポーツ

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena

いつか日の丸を背負って

 ○…今年3月の全国大会が3位に終わり、高校生活のラストを懸けた決勝戦。得意の背負い投げを仕掛けるが、体勢を崩されそのまま相手に抑え込まれた。「2位という結果は悔しいが、大きな実力差はなかったはず。これからの戦いはもっと気持ちを強く持たなければ」と先を見据える。

 ○…父の影響で6つ上の姉と4つ上の姉は柔道家。そんな2人の背中を追い、3歳で柔道着に身を包んだ。周囲と比べて体は小さく戦績も振るわなかった小学生時代。そんな中、決して体格の大きくない中学生の姉2人が全国の舞台で優勝や準優勝を勝ち取った。「自分もああやって全国で活躍したい」と、心の中で火が付いた。

 ○…金目中学では恩師・真田州二郎監督に学び、技術だけでなく精神面でも鍛えられた。1年の冬、県大会の優勝で自信を付け、3年の全国大会では悲願の優勝を果たした。横浜の桐蔭学園高では1年生でけがに見舞われ、2年生からは新型コロナに翻弄されながらも、元アテネ五輪代表の高松正裕顧問に師事し、世界レベルの柔道を吸収した。高校最後の全国大会は準優勝という結果に留まったが、小学生からの努力を知っている父と姉にかけられた「がんばったね」という言葉が心に染みた。

 ○…休日はサッカー観戦が何よりの楽しみ。もちろん湘南ベルマーレのサポーターで、中1の頃から、自身の柔道の試合にベルマーレのタオルを持ち込むほどの筋金入りだ。折しも今年はオリンピックイヤー。学校の道場では部員たちと、自宅では家族とテレビにかじりついた。「大学ではまず学生チャンピオンを獲って、いつか世界で日の丸を背負って戦う選手になる」。柔道日本勢の活躍に自分の姿を重ね合わせた。
 

平塚版の人物風土記最新6

山田 真美子さん

寄稿誌「ひろば」の500号記念特集を発行した市民団体「ひろばの会」代表

山田 真美子さん

秦野市在住 68歳

1月20日号

花田 慎介さん

平塚・大磯・二宮の若手経済人が集まる平塚青年会議所64代理事長の

花田 慎介さん

めぐみが丘在住 39歳

1月13日号

松田 笑空(みく)さん

令和4年平塚市成人式実行委員会の副実行委員長を務める

松田 笑空(みく)さん

徳延在住 19歳

1月6日号

ジョーンズリチャード剛(ごう)さん

大学選手権に出場する東海大学ラグビー部「SEAGALES」の主将を務める

ジョーンズリチャード剛(ごう)さん

市内在住 22歳

12月23日号

馬場 芳道さん

陶芸公募展「菊池ビエンナーレ」で作品が入選した

馬場 芳道さん

寺田縄在住 76歳

12月16日号

齋藤 美代子さん

今年度の神奈川県環境保全功労者として表彰された

齋藤 美代子さん

西真土在住 74歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook