大磯・二宮・中井版 掲載号:2011年9月16日号
  • googleplus
  • LINE

(社)神奈川県建築士事務所協会平塚支部長一級建築士 齋藤 清さん 大磯町在住 59歳

オールマイティーに日々研鑽

 〇…大磯町と二宮町、平塚市の建築士22名が加盟する、社団法人神奈川県建築士事務所協会平塚支部の支部長を務める。同支部では行政に協力して防災訓練の際に住宅の耐震相談を受けたり、建築知識の普及のために講演会を開催したりするなど、地域貢献にも尽力。防災週間にあたる今月3日には二宮町が主催した木造住宅の無料耐震相談会に建築士を派遣した。明日17日にも二宮町保健センターで相談会がある。「阪神淡路大震災で亡くなった人の多くが古い木造住宅での圧死だった。大きな地震が来た時、揺れが治まるまでの一定の時間は命を守れるように住宅の耐震化を図っておくことが必要」と説く。昭和56年の建築基準法改正で耐震基準が強化されており、それより以前に建てられた木造住宅は耐震診断を受けておくのがよいそうだ。

 〇…同協会が防災への備えをテーマに横浜で9月9日・10日に開催した「みらいふれあいフェスティバル」では、宮城県の建築士の講演を聴き、課題も見つかった。東日本大震災で被災した建築物の危険度を確認する応急判定に建築士が行こうにもガソリンが不足。自転車やオートバイ、徒歩で1軒1軒訪ね回ったという。通信網が一切使えなかったことも活動を妨げた。「危険度判定に赴く足の確保。また、避難所となる学校の体育館や公共施設の安全性を一番先に確認しなければならない。地盤が固い地区と軟弱な所を予め把握し、優先順位をつけて応急判定を行うシステムを築いておく必要もある」と提言する。

 ○…平塚市出身。県立大磯高校OB。大学卒業後、平塚の建築事務所で働き、26歳で独立。「まちの建築士」として住宅や店舗、病院、幼稚園、寺の本堂など様々な建物を手掛ける。常に現場に携わり、法令の改正、工法や資材の進化、発注者の要望などに柔軟に対応するために日々研鑽を積む。建築士見習い中の息子と(有)さいとう設計企画を運営する。4人家族。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

岩崎 久人(ひさと)さん

能・狂言の面(おもて)を40年以上打ち続け、大磯町で個展を開く

岩崎 久人(ひさと)さん

3月16日号

加藤 喜規さん

OISO学び塾で後藤濶について講演した

加藤 喜規さん

3月9日号

三好 祐太さん

二宮町商工会青年部主催のイベント、みかんモザイクアート制作の実行委員長を務めた

三好 祐太さん

3月2日号

枝崎 恵治さん

確定申告期を迎える平塚税務署長

枝崎 恵治さん

2月23日号

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

面打ち岩崎さん個展

面打ち岩崎さん個展

大磯で初の作品発表

3月23日~4月3日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク