大磯・二宮・中井版 掲載号:2012年9月28日号
  • googleplus
  • LINE

有機農業で栽培する野菜を家庭に届ける 井上 昌代さん 二宮町在住 38歳

自然想い、耕す人との絆

 ○…天然原料のみを使用した蚊取り線香が炊かれる家の食卓には、ナスやオクラといった旬の野菜が並ぶ。自身が手塩にかけて育てた有機野菜たちだ。

 ○…二宮を中心に7カ所で有機農業に取り組んでいる。野菜など年間50種の作物を栽培し、近隣の家庭約30軒へ採れたてをみずから配達。「月並みだけどお客さんから『おいしい』の一言が聞きたくて。農薬を使わないのは本当に大変なんです」と苦労を口にするが、その顔は一点の曇りもない。

 ○…農業を志したのは22歳。大学で外国語学部に在籍し、将来は英語を活かせる職業を考えていた。しかし、1冊の本との出会いが人生を変えた。『エビと日本人』。東南アジアの森林が伐採され、池で養殖されたエビを日本人が食らう。「他国の犠牲により日本が生かされている現実に疑問を感じ、自活しなければと思った」。そして、自給自足の農へと心が向かう。卒業後は農業を通じた海外支援団体に属し、その後軽井沢へ。開園資金を貯め、2001年、故郷で「有機農園つ・む・ぎ」をオープンした。

 ○…農園を順調に拡大してきたが、先の震災では大きなダメージを負った。放射能を心配した配達先の家族が関西へ移住。小学生の女の子との別れが何より悲しかった。自分の野菜を喜んで食べていた少女は、かつて作文にこう綴っていた。「井上さんが野菜を作り、私が料理を振る舞う。夢は農園付きレストランの経営」と。少女との夢が遠のき「心にぽっかり穴があいた」という彼女を救ったのは長野の農業仲間だった。「『新しい出会いをあきらめちゃダメ』と声を掛けられ、原点に戻れた」という。

 ○…女性1人で開いた農園の名には、自然と人、人と人との関係を大切に紡いでいきたいとの思いが込められている。夢を与えてくれたのも、悲しみから立ち直らせてくれたのも”ひと”。「人々においしい野菜を届けるのが私の役目」と今日も元気に畑へ向かう。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

室伏 正昭さん

2017年度の神奈川県体育功労者表彰を受けた

室伏 正昭さん

2月16日号

大日方(おびなた) 邦子さん

平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

2月9日号

竹岡 健輔さん

多摩美術大学の学生で初の個展を開く

竹岡 健輔さん

2月2日号

多田 靖幸さん

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める

多田 靖幸さん

1月26日号

関口 雄一さん

平塚青年会議所(平塚JC)の第60代理事長に就任した

関口 雄一さん

1月19日号

朝日山 一男さん

鍼灸マッサージ師としてアスリートのサポートや介護予防、災害対策に取り組む

朝日山 一男さん

1月12日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康づくりに汗かこう

健康づくりに汗かこう

中井町 マラソン参加者募集

3月4日~3月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク