大磯・二宮・中井版 掲載号:2014年2月28日号 エリアトップへ

大磯町姉妹都市協会の理事を務める 栁田 朝子さん 大磯町西小磯在住 27歳

掲載号:2014年2月28日号

  • LINE
  • hatena

人生を変えた17歳の夏

 ○…国際姉妹都市のアメリカ・ラシン市とデイトン市に高校生を派遣する事業を行う同協会。自身も高校2年の時に派遣高校生として2週間、アメリカの風を肌で感じた。「とにかく全てが大きい。建物とか物理的なものはもちろん、人々の精神的な部分も大らかでした」と振り返る。カヌーやシカゴ観光、日本の折り鶴を教え、バーベキューで語り合う…。時を経ても、あの感動は少しも色あせていない。「楽しかった。あの経験で海外に目を向けるようになった。私の人生の転機」と瞳を輝かせる。その後もカナダに1カ月留学し、イギリスに4年滞在してデザインを勉強。一昨年帰国し現在は都内でデザイナーとして勤務する。

 ○…例年高校生を送り出してきた同協会だが今年は7月にデイトン市から留学生が来日する。久しぶりの受け入れで協会のノウハウが足りない。新たな企画のため「若い力を」と白羽の矢が立った。他の理事はほとんど50歳以上。「自分にできるのかな」と戸惑いもあった。だが「人生を変えるきっかけをくれた協会に恩返しを」と決意を固めた。

 ○…7月に向け、同協会では企画を詰めている最中だ。「意見を出し合って進めています」と準備は順調。「若い人を取り入れて、大磯に住んでいる外国の方にも参加してもらえるような場ができたら。協会のことを知らない方も多いので、知ってもらえる場づくりも大切」と更なる理想を語る。

 ○…共に暮らす両親とは普段の会話にも冗談が飛び交うほど仲良し。「ちょっと良すぎるくらい」とはにかむ。「やりたいことを応援してくれる。理解ある両親に感謝しています」と目を細める。「海外へ行くことに不安を持つ人もいると思いますが、行けばどうにかなる。想像以上に学べるものがあり、きっと人生の幅を広げてくれる。挑戦しなきゃもったいない」。人生の進み方は一つではない。世界の広さを知って、言葉に強いメッセージが宿る。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

鈴木 慎一郎さん

東京地方税理士会平塚支部で支部長を務める

鈴木 慎一郎さん

大磯町在住 57歳

11月15日号

加藤 泰広さん

制作活動の集大成として絵画と陶芸の作品展を開く

加藤 泰広さん

大磯町東小磯在住 76歳

11月8日号

竹原 成実さん

200回を迎える二宮ラディアン花の丘公園みんなの朝市の事務局を担当する

竹原 成実さん

二宮町富士見が丘在住 58歳

11月1日号

横井 文夫さん

詩吟の全国大会(高年の部)で優勝した

横井 文夫さん

大磯町西小磯在住 76歳

10月25日号

清洲家 はく水さん

二宮のカフェバーで開催される落語会に出演する

清洲家 はく水さん

(本名 佐藤一新)二宮町在住 60歳

10月18日号

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第33回「原敬【8】」文・武井久江

    11月8日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第32回「原敬【7】」文・武井久江

    10月25日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク