大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

私設公民館「無罣庵(むけいあん)」を運営する 中村 晃也さん 大磯町在住 68歳

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

真面目に愉快に文化発信

 ○…壁面の手作りの棚にぎっしり並ぶ蔵書。グランドピアノもある。自宅の一角に集いの場を設け、レコード鑑賞会や読書研究会、コンサートなどを開いている。陶芸家の作品を大磯町内のギャラリーや店舗などで紹介した10月のイベント「第5回大磯うつわの日」では、展示会場としてスペースを提供した。無罣庵という名は、心にわだかまりがないという意味の般若心経の一節「心無罣礙」から取ったそう。「でも、やることにはトコトンこだわっています」

 ○…1970年から約40年間、民族文化映像研究所が日本各地の生活文化を取材した、記録映画の上映会はその一つ。これまでに「奥会津の木地師」「奄美の泥染」「船大工の世界」などの作品を観てきた。「『秩父の通過儀礼』では子どもを村の一員として地域で大切に育てていた。人間関係が希薄になっている今、重要な意味を含んでいる」と話す。「私たちが置き忘れた暮らしの知恵を記録した作品が120編位ある。先人に学び、本当の豊かさとは何かを考えたい」

 〇…大磯で生まれ育つ。音楽の道へ進み、コンサートホールの運営などに携わった。仕事場以外でも人との交流を築き、地域を盛り上げる活動に参加。ちゃん付けで呼び合う同級生たちと旧撰組なるグループを結成し、大磯宿場まつりで花魁道中を披露した。「花魁に扮していた男は私」といたずらっぽく笑う。今年のまつりの練り歩きは世代交代し、新鮮組へ託した。「若い人たちがここに集まって賑やかに準備していましたよ」と嬉しそうに話す。

 ○…無罣庵ではピアノの原型といわれる古楽器チェンバロを運び入れ、コンサートを実施。4回目を数える今回は、会場を聖ステパノ学園海の見えるホールに移して12月5日に開催する。「貴重な楽器の響きを一人でも多くの人に聴いてもらえれば」。隠れ家のようなサロンに、丁寧に淹れたコーヒーの香りが漂った。
 

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

横浜市神奈川区在勤 69歳

8月16日号

熊澤 弘さん

OISO学び塾「美術にあらわれる大磯」で講師を務めた

熊澤 弘さん

大磯町月京出身 48歳

8月2日号

安藤 俊之さん

JAかながわ西湘代表理事組合長に就任した

安藤 俊之さん

南足柄市三竹在住 67歳

7月26日号

渡辺 弘文さん

日本の風景を求めて油彩画を描く

渡辺 弘文さん

大磯町西小磯在住 83歳

7月19日号

勝亦 健二さん

神奈川県洋菓子協会作品展ジュニア部門で県議会議長賞を受賞した

勝亦 健二さん

二宮町在住 21歳

7月12日号

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

日本テレビ『ZIP!』の「いただきます!日本全国朝ごはんジャーニー」に出演している

マーティン・アドラー・オーウェンスさん

平塚出身 24歳

7月5日号

佐藤 一樹さん

大磯町商工会青年部の部長を務める

佐藤 一樹さん

大磯町国府本郷在住 40歳

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第27回「原敬【2】」文・武井久江

    8月9日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク