大磯・二宮・中井版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

東海大学ラグビー部主将で、関東大学リーグ戦で優勝した 藤田 貴大さん 競技スポーツ学科4年 22歳

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena

グラウンド駆ける青い闘志

 ○…「やっとプレッシャーから解放されました」と胸をなでおろす。11月22日に秩父宮ラグビー場で行われた関東大学リーグ最終戦。互いに全勝で迎えた流通経済大学との直接対決を38対31で制し、3年ぶり6回目の優勝を果たした。

 ○…人口3千人ほどの青森県蓬田村で育つ。実業団で現在も活躍する兄の影響で青森北高校進学後、ラグビーを始めた。ポジションはフランカー。スクラムから展開する攻撃では、誰よりも先に飛び出して相手を追いかけ、行く手を阻み、ボールを奪う。「僕は175センチで、このポジションにしては上背が足りない。中学生の頃とほとんど身長が変わらなかったのは予想外です」とため息をつくが、日ごろの練習で磨きをかけた持ち味の鋭いタックルで何度もチームを救ってきた。

 ○…「高校卒業後は地元で就職するつもりだった」とぽつり。高校3年生のとき、東海大の木村季由監督からスカウトの声がかかり、大学進学を決めた。当時「大学ではどのポジションでプレーしたらいいですか」と木村監督に尋ねると、返ってきた答えは「キャプテンだな」。その後、次期主将と紹介される場面もあり、「キャプテンを任されることは、なんとなくわかっていた。楽しみな気持ちもあった」と、総勢150人の大所帯を率いる大役にもひるまず、器の大きさをにじませる。

 ○…試合の前日は緊張でなかなか眠れない。「決勝の前日も30分おきに起きてしまって。高校のときは試合楽しみだな、くらいにしか思わなかったのに」と首をかしげる。大学2年生でAチームメンバー入りを果たし、皆が一同に狙う青いファーストジャージを着続けることの重みを、日々感じている。「失敗したらもう着ることはできないかもしれない。Aチームが身に着けるファーストジャージは特別なもの」。これまで築いてきた誇りを胸に、次のステージの大学選手権に向けて、青い闘志を燃やす。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

山中 紀幸さん

大磯きこりラボラトリーの代表を務める

山中 紀幸さん

大磯町大磯在住 44歳

6月18日号

黒澤 保さん

平塚理容組合の支部長を務める

黒澤 保さん

平塚市在住 55歳

6月11日号

山崎 貴裕さん

東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務める

山崎 貴裕さん

二宮町中里在住 25歳

6月4日号

久保 徹さん

平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町を所管する県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

5月28日号

後藤 恵一さん

聖火リレーのランナーとして大磯区間を走る

後藤 恵一さん

大磯町国府新宿在住 62歳

5月21日号

竹村 洋治郎さん

4月1日付で湘南地域県政総合センターの所長に就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大磯のアオバト描く

大磯のアオバト描く

日本画家・前田さん個展

6月11日~7月5日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter