大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

「湘南ひらつか七夕まつり」の織り姫に選ばれた 露木 美穂さん 二宮町在住 26歳

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

七夕彩る「グルメ織り姫」

 ○…全国屈指の規模で知られる「湘南ひらつか七夕まつり」(7月8日〜10日)に花を添える織り姫として、祭りのPRだけでなく年間を通して観光行事などに出席しながら平塚市の「顔」を担う。無類の食好きを自負するだけあり、平塚グルメの発掘が待ち遠しい。「湘南平のレストランで食べたしらす丼が大好きになりました。織り姫として、平塚のおいしい食べ物もたくさん紹介したい」と胸を躍らせる。

 ○…織り姫を選ぶセレクションには50人が応募。2次審査を通過した6人がインターネット投票に進み、上位3人が選ばれた。「正直自信はありませんでした。決定の電話が来たときは本当に信じられなくて」と振り返る。「たくさんの方が投票してくれたおかげです。1票の重みや皆さんの気持ちを知ることができ、責任感が生まれました」と背筋を伸ばす。

 ○…短大卒業後に地元の金融機関に就職し、現在は議員秘書・受付として働く。初対面の人でも顔と名前をすぐに覚えられる特技と、高校時代から続けたファストフード店でのアルバイトが大いに役立っているという。礼儀作法や所作を学び、「接客のプロを目指そう」という思いから選んだ仕事には「華やかなイメージがありましたが、出前の容器を洗ったり郵送物を持って郵便局に走ったり、結構ハードなんです」と笑う。

 ○…昨年7月に入籍したばかりで、得意料理のから揚げを頬張る夫の顔を見ることが嬉しい。「ほっこりとした雰囲気や海が見えるところ、町の人たちのあたたかな人柄が大好き」と、住み慣れた二宮町を離れることなく親元のそばで新婚生活を送っている。家事と仕事に織り姫としての活動が加わり忙しくなるが「往復4時間の通勤にも耐えているから大丈夫。1年後の成長が楽しみです」と頼もしい。「市外に住む視点から見た平塚の魅力を、日本中、世界中の方に届けられたら」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

数田 俊樹さん

平塚・大磯・二宮をエリアとする平塚青年会議所(平塚JC)の第62代理事長に就任した

数田 俊樹さん

平塚市在住 37歳

1月24日号

西山 千鶴子さん

「Ocarina なのはな Festival」の実行委員会代表を務める

西山 千鶴子さん

二宮町山西在住 72歳

1月17日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町在住 35歳

1月10日号

金子 航大さん

移動スーパー「とくし丸」を走らせる

金子 航大さん

中井町田中在住 23歳

12月20日号

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

町村監査功労者表彰を受けた

雑色 吉臣(ぞうしきよしみ)さん

中井町雑色在住 69歳

12月13日号

小泉 孝之さん

お囃子の保存や太鼓演奏による健康増進に取り組む

小泉 孝之さん

二宮町二宮在住 80歳

12月6日号

佐藤 安満さん

おおいそ文化祭の運営委員長を務める

佐藤 安満さん

大磯町大磯在住 76歳

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第37回「吉田茂【4】」文・武井久江

    1月24日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク