大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

二宮町商工会青年部「第32回ふれあい広場」の実行委員長を務める 二見 浩史さん 二宮町在住 36歳

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena

子どもたちの夢育む

 ○…二宮町ではおなじみの一大イベントとして定着した「ふれあい広場」を10月16日に開催する。若手経営者や後継者らが集まる商工会青年部の実行委員長を務め、部員たちとともに準備に奔走。子どもを主役に据えた職業体験を今年も行う。演劇と謎解きゲームを組み合わせたレクリエーションやアートイベント、音楽ライブなどもある。「お父さん、お母さんたちにも楽しんでもらえる内容です」

 ○…親の仕事を見せることで子どもたちに夢を持ってもらいたい。家族が一緒に楽しむ時間を作り、もっと絆を深めたい。4年前から始めた「こども職業体験」には、そんな思いが込められているという。自身の仕事である保険については「子どもに説明するのが難しいかな。でも、危険を回避する能力を身に付け、お金の大切さをしっかり学んでほしい」。職業人として、3人の子の父親として、爽やかな笑顔を見せる。当日は会場全体を回り、10月が乳がん撲滅・検診推進月間にあたることもあって、セルフチェックに役立つ触診モデルを展示ブースに置く。

 ○…二宮町出身。海があり、吾妻山がたたずむ自然を間近に「のびのびと自由に育った」と振り返る。大学卒業後、都内の不動産会社に就職。投資関連の業務を担当し、1年間契約が取れなかったという。しかし「ここで辞めたら何も残らない」と、上司や先輩を見て倣い、勉強に励んだ。「初めて売れた仕事は大きな自信になった。今につながっています」と語る。

 ○…父が興した保険会社を継いだ。株式会社マインズプラス代表取締役。働き盛り。地域活動にも積極的に携わり、「親から愛情を注いでもらったように、子どもにもそうしたい」という良き家庭人だ。趣味のテニスは学生時代にコーチをした腕前。スマートに理想の人生を充実させている姿が伺える。「悩みや葛藤もありますよ」。互いに励まし、刺激し合う同世代の仲間の存在は大きい。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石川 秀隆さん

大磯の湘南ギャラリーえんで「老梅焼」の陶芸展を開く

石川 秀隆さん

山梨県道志村に工房 73歳

4月16日号

渋谷 武美さん

大磯町で彫刻の個展を開催している

渋谷 武美さん

小田原市在住 80歳

4月9日号

オダギリ ミホさん

里山歩きマップを制作し、まちづくり基本計画のイラストも担当した

オダギリ ミホさん

大磯町在住

4月2日号

蓮見 康二さん

2月にJR平塚駅と大磯駅の駅長に就任した

蓮見 康二さん

東京都在住 52歳

3月26日号

笹崎 浩孝さん

大磯・二宮など3市2町を管轄する平塚税務署の第75代署長を務める

笹崎 浩孝さん

横浜市在住 60歳

3月19日号

田中 貴規さん

2020年・21年度平塚逸品研究会の会長を務める

田中 貴規さん

平塚市在住 37歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter