大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

ラディアンで写真展を開くシャッタークラブの会長を務める 多田 靖幸さん 小田原市在住 78歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

レンズ越しの感動追う

 ○…11人の会員が所属するシャッタークラブで、四季折々の自然を写真に収めている。2月7日からは、28回目を迎える写真展を二宮町のラディアンで開催。「吾妻山に菜の花が咲く時期でもあるので、観光ついでに会員の作品も楽しんでもらえたら」と期待する。

 〇…月1回の例会を開き、プロカメラマンの講評を受けながら撮影技術の向上に励む。年2回の撮影会では箱根や伊豆、日光など山紫水明な観光地を舞台に、お気に入りの景色を見つけては撮影に没頭。「仲間同士で訪れるのも良いですが、1人で自由に撮るのも気楽ですね」と、時間を見つけて単身旅行に赴くことも。北海道や裏磐梯では身を切るような冬の寒さも忘れ、美しい雪景色にシャッターを切った。

 〇…岩手県花巻市生まれ。少年のころ、父親が蛇腹カメラで撮影した写真の現像を手伝うため部屋の一室にこもり、現像液の臭いが立ち込める中で仕上がりを見届けた。「あの経験があったおかげで、心のどこかに写真への興味があったのかもしれません」。本格的にカメラを始めたのは、定年を控えた50代後半に兵庫県へ単身赴任してから。真新しいフィルムカメラを手に大阪の万博記念公園へ出かけ、花壇に咲く紫のアガパンサスをファインダー越しにのぞき込んだ感動が、20年に及ぶキャリアのスタートラインだった。

 〇…東日本大震災から2カ月が経ったころ、妻の実家がある岩手県大槌町を夫婦で慰問した。津波で堤防が崩れ去り、船が民家の屋根に乗り上げる悲劇のような光景の連続。目を背けずカメラを向け続けたのは、記憶を後世に伝え残すことが必要だと感じたからだ。数年後に義弟の依頼で提供した写真が、復興を期す地元住民を勇気づけたと感謝されたという。「記録することの大切さを写真が教えてくれました」という経験は、見る人の機微に触れる写真を生涯のテーマに掲げるきっかけにもなった。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

大谷 周さん

観光地引網 市五郎丸の4代目親方を務める

大谷 周さん

二宮町二宮在住 50歳

5月13日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市在住 57歳

5月6日号

荒井 範郎さん

中井町を含む県西2市8町を所管する神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月29日号

高野 幸代さん

大磯でお茶の栽培や普及に取り組む

高野 幸代さん

大磯町大磯在住 46歳

4月22日号

柄澤 俊介さん

大磯町に本拠地を置くSEISA OSAレイア湘南FC監督を務める

柄澤 俊介さん

寒川町在住 48歳

4月15日号

植地 直子さん

大磯町女性職員で初の参事(部長級)を務める

植地 直子さん

平塚市在住 50歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook