大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

多摩美術大学の学生で初の個展を開く 竹岡 健輔さん  二宮町出身 21歳

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena

ガラス工芸の独自表現探る

 ○…ガラスでできたかごとは、一体どうやって作るのか。大いに興味を引かれる作品だ。「竹や蔓の編み物やかごの質感が好きで、これをガラスに置き換えたら、面白い表情が出せるかもしれない」。そんな発想から、独創的なガラス造形の表現を追求している。多摩美術大学工芸学科に在籍する3年生。横浜のギャラリー元町で初めての個展を2月5日から11日まで開く。ガラスを編んだ作品のほか、普段使いのグラスや花器など約20点を発表する。

 ○…昨年夏、受験生などに大学を一般公開するオープンキャンパスでガラス工芸3点を展示した。各学科を代表する優秀作として選抜展に並んだ作品が、画廊オーナーの目に止まり、「うちで展示をやってみないか」と声を掛けられた。展覧会の期間は大学入試で休みに当たるので、連日在廊する予定という。「見てくださった方から、いろいろな感想や意見を聞かせていただきたいです」。今後の制作に向けて表現技法の可能性を広げようと意欲的だ。

 ○…二宮町で生まれ育つ。兄と双子の弟との3人兄弟。図画工作と体育が得意な少年だった。小学生のころは地元チームFC山西でサッカーボールを追いかけ、中学・高校ではバスケットボール部で汗を流した。二宮西中学校時代の美術教諭への憧れもあり、美大に進学。「いつもにこにこしていて優しく、生徒の質問にきちんと答えてくれる先生でした」と思い出を語る。

 ○…独りで黙々と課題制作に取り組む美大生のイメージがあるが、ガラス専攻では学生が互いにアシスタントとなって作品を作るという。「声を掛け合ったり、アグレッシブに力が入ったり。チームワークが大切でスポーツと似たところがありますね」。知識と技法を磨き、作品に自分をどこまで投影できるか挑戦を続ける。趣味は読書。中国の歴史小説やミステリーが好き。テレビを置かない下宿生活は「慣れてしまえば楽です」。相模原市在住。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

大谷 周さん

観光地引網 市五郎丸の4代目親方を務める

大谷 周さん

二宮町二宮在住 50歳

5月13日号

小室 充孝さん

神奈川県弁護士会県西支部長に就任した

小室 充孝さん

小田原市在住 57歳

5月6日号

荒井 範郎さん

中井町を含む県西2市8町を所管する神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

荒井 範郎さん

横浜市在住 58歳

4月29日号

高野 幸代さん

大磯でお茶の栽培や普及に取り組む

高野 幸代さん

大磯町大磯在住 46歳

4月22日号

柄澤 俊介さん

大磯町に本拠地を置くSEISA OSAレイア湘南FC監督を務める

柄澤 俊介さん

寒川町在住 48歳

4月15日号

植地 直子さん

大磯町女性職員で初の参事(部長級)を務める

植地 直子さん

平塚市在住 50歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook