大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

新進のフルート奏者として活動する 佐藤 結香さん 二宮町二宮在住 28歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

楽しいクラシックへ案内

 ○…ドイツ留学を経て、日本での演奏活動に精力的だ。3月18日に大磯城山公園で帰国後初のコンサートに出演。作編曲家・キーボード奏者の傘木亮介さんとのデュオ「futaline」としてフルートの音を披露した。3月31日には出身地二宮町のラディアンでギタリストと組む「Duo(デュオ) Crois(クロイス)」で室内コンサートを開く。「演奏できる場、聴いてもらえる機会をどんどん作っていきたい」と笑顔を見せる。

 ○…5歳から始めたピアノの発表会で、ゲストが演奏するフルートの音色に魅了された。二宮中学校では吹奏楽部に所属。念願のフルートを担当した。コンクールではピッコロや打楽器のシンバルを受け持ち、ホルンやサックスなど仲間の楽器に触れさせてもらい、どの楽器も努力して練習することの大変さを知ったという。「筋トレやランニングで体力づくりをして、部活動に情熱を注いでいました」と振り返る。大磯高校でも吹奏楽に励んだ。

 ○…国立音楽大学でフルートを専攻。在学中にベルリン・フィルハーモニーの来日公演を聴き、音の響きの豊かさに衝撃を受けた。「ドイツに学びに行かなければ」。2013年7月からデュッセルドルフ・ロベルト・シューマン音楽大学の修士課程へ。乾いた空気、石造りの建物で吹くフルートの音は高く伸びやかで、日本で身に付けた演奏方法との違いに気付いたという。現地のユース・オーケストラに加わり、イタリア公演も経験した。第10回ル・ブリアンフランス音楽コンクール優秀賞受賞。

 ○…「日本人にとってお辞儀は謙虚に見えても、海外では自信がない人のように思われてしまう」。留学先ではメンタルトレーニングを積み、演奏家としてオーディションやステージで堂々と振る舞うことも学んだという。「世界が狭くならないように」と、クラシックだけにとどまらず、多彩なジャンルの音楽家と交流し、表現の幅を広げる。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

矢澤 秀一(ひでかず)さん

にのみやアクティブクラブ結成時から20年にわたりメンバーとして活動する

矢澤 秀一(ひでかず)さん

二宮町富士見が丘在住 85歳

11月26日号

飯塚 かおるさん

大磯で初の作品展を開くキャンドルアーティストの

飯塚 かおるさん

都内在住 57歳

11月19日号

北村 麻衣子さん

大磯で木版画の作品展を開いている

北村 麻衣子さん

大磯町東小磯在住 40歳

11月12日号

金成 賢一さん

第89代大磯警察署長に就任した

金成 賢一さん

大磯町在住 57歳

11月5日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月22日号

府川 龍三さん

シェアキッチンを通じて、地域コミュニティの醸成に取り組む

府川 龍三さん

大磯町在住 41歳

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook