大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年11月23日号
  • LINE
  • hatena

中井町あかりの祭典実行委員長を務める 尾上 文男さん 中井町井ノ口在住 74歳

人様の喜びが笑顔の糧

 ○…厳島湿生公園で「あかりの祭典」を12月1日(土)に開催する。手作りランタン3000個と巨大ツリーのイルミネーションなどを園内に飾り、幻想的な光の演出を楽しむ催し。「ロケーションが素晴らしいから、会場全体を上から眺めることができて水面に映る光もきれい」と案内チラシを取り出す。6月から月2回の本部会議を開き、仲間と準備を進めてきた。2代目実行委員長を務める。

 ○…井ノ口小学校の児童が行っていたランタンフェスタがなくなり、地域住民が行事を引き継いだのが始まり。発起人に加わり、賛同者や開催費用の寄付金を集めに地域を回った。井ノ口自治会連合会の協力を得て実行委員会を組織。ランタンだけでなく電飾も灯す「井ノ口あかりの祭典」を2012年に初めて実施した。「全員参加型のお祭りにしよう」と、現在の「中井町あかりの祭典」に改め、町内の子ども園や小中学校、老人クラブなどを交えて毎年ランタンを製作している。住民をはじめ行政や企業、団体からの支援もあり、「地域の力はありがたい」と語る。

 ○…同公園の中央にたたずむ弁天さん(厳島神社)の境内は子どものころの遊び場。葛川の源流で魚を捕った。「弁天さんの周りは腰までつかるくらい深い田んぼでした」。厳島ホタルの会、竹灯篭の夕べ実行委員会の代表としても活動する。

 ○…定年退職後、本格的に地域デビュー。パークゴルフに健康マージャン、男の料理教室、DIY、家庭菜園、メダカの飼育など趣味は多彩。カレンダーの余白に1日数件以上の予定を書き入れることも珍しくない。柔和で大らか、旺盛なチャレンジ精神とまめな人柄。「人生はそれほど高望みしないし、悲観もしない。自分がやることで人に喜んでもらえたら、自分の喜びになる」とニッコリ。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6件

阪上 正信さん

二宮町移住8年を記念して初の個展を開く

阪上 正信さん

4月19日号

川口 博幸さん

3月13日付で大磯警察署長に就いた

川口 博幸さん

4月12日号

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

ラディアンで水墨画教室の作品展を開く

淺井 桂子さん(雅号:淺井霧峰)

4月5日号

多田 勝顕さん

第6回大磯町観光フォトコンテストで最優秀賞を受賞した

多田 勝顕さん

3月29日号

末續(すえつぐ) 慎吾さん

北京五輪の400mリレー銀メダリストで、平塚に陸上教室「ERC」を設立した

末續(すえつぐ) 慎吾さん

3月22日号

佐野 清彦さん

大磯でハーモニカ講座の講師を務めた

佐野 清彦さん

3月15日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第20回「寺内正毅【3】」文・武井久江

    4月12日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク