大磯・二宮・中井版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

神奈川県洋菓子協会作品展ジュニア部門で県議会議長賞を受賞した 勝亦 健二さん 二宮町在住 21歳

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

世界の笑顔 ケーキに集める

 ○…マジパン仕上げと呼ばれる繊細で芸術的な菓子細工。6月に開かれた県洋菓子協会作品展の22歳以下ジュニア部門で最高賞に選ばれた。大好物のチョコレートの原材料カカオをテーマに、子どもやリスが遊ぶ世界を色も鮮やかに表現。店の営業が終わった後や休日を使い、1カ月かけて制作した。「プレッシャーもあったけれど、入賞を狙っていたので嬉しい」。修業を始めて4年目。昨年、国内最大の洋菓子コンクールであるジャパン・ケーキショーのジュニア部門で銀賞を受賞した。

 ○…富士市出身。3人きょうだいの末っ子。お菓子に目がなく、中学に上がるとホワイトデーのお返しにクッキーやパウンドケーキを焼いた。「お菓子作りが楽しくて、喜んでもらえるのも嬉しかった」。高校卒業後、二宮町のパティスリー サン・マローに就職。同店のチョコレートケーキに魅了され、修業を願い出た。「テニスでインターハイに出場した子。物事にきちんと打ち込める」。採用した代表取締役の武田利秋さんは「緊張しながら就活の電話をかけてきたころと比べたら、随分しっかりしてきた」と弟子の成長を頼もしく感じている。

 ○…焼き菓子やスポンジ作りを任されるようになり、パティシエの道を着実に歩む。休日は菓子店をめぐり、研究にも余念がない。「お菓子は人を笑顔にできる」とその魅力を日々実感。ショーケースの前で子どもが目を輝かせる様子に「誕生日に好きなケーキを選ばせてもらった」子どものころの自分を重ね合わせる。

 ○…母の日や父の日、家族の誕生日などにケーキを作って贈る好青年。目標は「武田シェフのように世界に通用するお菓子を作ること」。今秋もジャパン・ケーキショーにチャレンジする。「前回の作品を越えていかなければ」と向上心は高い。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

清洲家 はく水さん

二宮のカフェバーで開催される落語会に出演する

清洲家 はく水さん

(本名 佐藤一新)二宮町在住 60歳

10月18日号

境 隆志さん

神奈川県行政書士会小田原支部の支部長に就任した

境 隆志さん

開成町在住 68歳

10月11日号

南田 昌康さん

大磯で初の個展を開く

南田 昌康さん

大磯町大磯在住 83歳

10月4日号

大谷 弘道さん

NPO法人大磯ガイド協会の会長を務める

大谷 弘道さん

大磯町生沢在住 76歳

9月27日号

本井 英さん

鴫立庵の第二十三世庵主に就任した

本井 英さん

逗子市在住 74歳

9月20日号

武藤 稔さん

大磯で捕獲鳥獣の利活用ワークショップを開催した

武藤 稔さん

小田原市在住 26歳

9月13日号

原田 啓治さん

中井町交通指導隊の隊長として交通安全の普及に努める

原田 啓治さん

中井町雑色在住 63歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

物産店や芸能、フリマなど

物産店や芸能、フリマなど

20日に美・緑なかいフェス

10月20日~10月20日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第31回「原敬【6】」文・武井久江

    10月11日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第30回「原敬【5】」文・武井久江

    9月27日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第29回「原敬【4】」文・武井久江

    9月13日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク