大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた 塚本 昭子さん 横浜市在住

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

自然の美をガラスに込めて

 ○…ガラスの中で色とりどりの花が咲き誇るような作風のとんぼ玉が特徴。大磯で2回目となる作品展には多くの人が訪れ、前回購入した作品を身に着けたリピーターの姿に「とても嬉しい。次は大磯の『町の花』のハマヒルガオをモチーフにした作品も作りたい」と意欲を膨らませる。

 ○…生まれ育った山形県米沢市の雪景色や、関東より一カ月ほど遅れて開花する春の花々などが創作の原風景。また共働きの両親に代わって面倒を見てくれた祖母の影響も大きい。「和裁・洋裁をこなし、センスもあるおしゃれな人。ほしい物を自分で作ることができるということに気付かせてくれた」。大学進学で上京し、卒業後に大手企業で営業に奔走する日々の中でも「常に物づくりへのあこがれが心の奥で燻っていた」という。結婚・出産を機に山形へ戻り、子育てに専念していた頃に転機が訪れた。

 ○…子どもに手製のものをと洋裁教室に通っていた時、近隣にとんぼ玉作家・宗片典子氏の工房があることを知り体験教室に参加した。炎に触れたガラスの色や姿の変化の美しさ、無心となって無から有を生み出す面白さに引き込まれ「生涯の仕事にしよう」と決心。弟子入りを志願して、宗片氏の下で玉づくりの基本から様々な技法を学んだ。花をモチーフにした作品づくりは、祖母が大切にしていた庭の光景から。優美なデザインがバイヤーの目に留まり、百貨店やギャラリーで展示するようになった。

 ○…2人の息子の独立を見届けて3年前、横浜に自身の工房「Veil」を構えた。集中力を必要とする作品づくりの息抜きは「甘いものとワイン。海を見に行くこと」。「身に着けた人の魅力を引き立てるような作品を作り続けたい」と目を輝かせて微笑む。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

富山 昇さん

一般社団法人海鈴(かりん)大磯(ふるさと回帰支援センター大磯)の代表理事を務める

富山 昇さん

大磯町東町在住 74歳

12月3日号

矢澤 秀一(ひでかず)さん

にのみやアクティブクラブ結成時から20年にわたりメンバーとして活動する

矢澤 秀一(ひでかず)さん

二宮町富士見が丘在住 85歳

11月26日号

飯塚 かおるさん

大磯で初の作品展を開くキャンドルアーティストの

飯塚 かおるさん

都内在住 57歳

11月19日号

北村 麻衣子さん

大磯で木版画の作品展を開いている

北村 麻衣子さん

大磯町東小磯在住 40歳

11月12日号

金成 賢一さん

第89代大磯警察署長に就任した

金成 賢一さん

大磯町在住 57歳

11月5日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ブルボンヌさんが講演

ブルボンヌさんが講演

人権テーマに中井町で

12月4日~12月4日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook