大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

平塚市博物館の館長に就任した 栗山 雄揮さん 二宮町在住 59歳

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena

先人の遺産 未来に橋渡し

 ○…前館長の定年退職に伴い、新館長に就任した。4月以降、いったんは開館したものの、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環で再び休館に。「インターネットを介して市の歴史を学べるコンテンツを提供するなど、博物館としてできることに力を注ぎたい」と先を見据える。

 ○…専門分野は「考古学」だ。父親の転勤が多く、横浜市内で生まれて以降、小学校高学年までは全国各地を転々とした。小学校4年の時に遠足で訪れた尼崎市の施設で、弥生土器の破片の実物を見る機会があり「心を惹かれた」。かつて過ごした京都の家の周りには、発掘現場がいくつもあったといい「歴史的遺産が身近な存在だったことが後の人生に影響した」と振り返る。

 ○…「考古学を究めたい」。大学では「考古学コース」に進み、古墳の発掘調査や遺品の分析に携わるなどし、見聞を広めた。「考古学の面白さを多くの人に伝えたい」との思いから、卒業後は出版社や展示物の設置を請け負う企業に就いた。しばらく勤めるも「専門を生かせなかった」といい、会社を辞めることを決意。平塚市で学芸員を募集していることを知り「最後のチャンス」と挑み、同博物館の学芸員として採用された。

 ○…「どちらかというとアウトドア派」。休日はバイクにキャンプ、釣り、ウォータースポーツの一種の「サップ」と多岐にわたる趣味を楽しむ一面も。それでも考古学は別格といい、過去の調査で「平塚で奈良・平安時代の東海道の痕跡を確認できた時がうれしかった」とはにかむ。座右の銘は「歴史は祖先からの贈り物。自然は子孫からの借り物」だ。定年まで1年を切る中「歴史資料を未来の市民に受け渡せるよう、職務を果たしたい」と意気込む。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

栗山 雄揮さん

平塚市博物館の館長に就任した

栗山 雄揮さん

二宮町在住 59歳

5月15日号

日原 修さん

大磯警察署長に就任した

日原 修さん

大磯町在住 58歳

5月1日号

齊藤 廣昭さん

「大磯小桜」を育成し、さくら功労者に選ばれた

齊藤 廣昭さん

大磯町国府新宿在住 84歳

4月24日号

きばやしさん

3月31日にCDデビューと記念ライブを開く

きばやしさん

大磯町出身 19歳

3月27日号

塚本 昭子さん

大磯のギャラリーでとんぼ玉の作品展を開いた

塚本 昭子さん

横浜市在住

3月20日号

宮前 礼子さん

「伝筆(つてふで)」の楽しさを発信・普及している

宮前 礼子さん

平塚市在住 

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第45回「吉田茂【12】」文・武井久江

    5月29日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク