大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

八坂神社祭礼を行った二宮町の元町地区代表者会代表を務める 帰山 訓(さとし)さん 二宮町富士見が丘在住 69歳

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena

地域の伝統つなぐ

 ○…新型コロナウイルスの終息を祈願して、二宮町の元町地区にある八坂神社の祭礼を7月18日に斎行した。例年は2日間で行うところを1日に短縮。神輿渡御は担いで練り歩くのはやめ、トラックに載せて巡行した。10カ所に設けていた御旅所は5カ所にしたが、各所で神事を執り行い、地域の人には距離を取って神様を拝んでもらった。「コロナ禍の状況で、お祭りのやり方の一つのサンプルになると思う。ここまで準備していただいた関係者の皆さんに感謝です」と話す。

 ○…4月初めに神輿渡御の中止が決定。感染拡大が落ち着き、元町神輿保存会が「神輿をトラックに載せて町内を回るのはどうか」と提案した。疫病を払う神を祭る八坂神社の祭礼。その原点といえるのが、祈りと感謝を捧げることだ。「伝統ある元町の夏祭り。過去に中止や簡素化はありませんでした」。関係者が協議を重ね、知恵を絞り、工夫を凝らして「新しい様式」を祭礼に取り入れた。「地区の行事が何もなくなってしまうのは寂しい。これが続くと地域のコミュニケーションが薄れてしまう」と訴える。

 ○…自動車メーカーで品質管理や海外の工場での指導などに携わった。仕事に打ち込んだサラリーマン時代、地域のことは「女房に任せっきり」。定年退職後、本格的に地域デビュー。町内会の役員や宮世話人を務めた。「地域に知り合いが増えた」と柔和な笑顔を見せる。35歳の時、その年齢の住民が神輿を担ぐ習わしで神輿を初めて担いだ。「アドレナリンが出る、あの高揚感は癖になります」

 ○…新潟生まれ。結婚を機に住んだ二宮町は「のんびりしていいところ。ご縁ができた」。ドライブや定年前に勉強を始めたカメラが趣味。

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

高田 先子さん

「高田保雄の蕪村展」を開催している

高田 先子さん

大磯町西小磯在住 91歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    大磯歴史語り

    〈財閥編〉第9回「岩崎久弥」文・武井久江

    1月8日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク