大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

大磯町落葉果樹研究会の会長を務める 鈴木 教夫さん 大磯町寺坂在住 76歳

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena

大磯特産 大玉柿を食卓へ

 ○…大磯町内の柿生産農家でつくる団体の代表。生産者の高齢化で会員は年々減少傾向にあるが、県の農業技術センターが開発した樹高を低く抑える新しい栽培方法に「脚立作業が不要になるなどの省力化が図れるだけでなく、『柿8年』と言われる結実の安定化も早められる」と担い手不足の解消に期待を寄せる。自身は約60アールの農地で柿やみかん、栗を栽培し、品質の良いものだけを選別して庭先や宅配で販売。「自分の体力が続く限りは続けていきたい」と朗らかに笑う。

 ○…大磯の農家で、8人きょうだいの末っ子として生まれ育った。高校時代は陸上部に所属し、円盤投げでインターハイにも出場。推薦の話も出たが、一般受験で合格した大学へ進み食品化学を学んだ。卒業後は都内の食品加工会社に勤めたが、家業を継いだ兄が急逝したため38歳で帰郷。翌年に結婚し、小田原の会社に勤めながら68歳まで兼業農家を貫いた。親や兄の手伝いをしていたことで多少の知識はあったが、本格的に農業と向き合うのは初めて。近所の農家や兄たちが立ち上げた落葉果樹研究会の先輩にアドバイスをもらいながら夫婦二人三脚で農園を切り盛りしてきた。「たくさんの方にお世話になったから今がある」と妻と周囲に感謝する。

 ○…退職後は自治会の役員などを務め、鳥獣害対策の講座などにも積極的に参加。島根県に住む専門家から詳しい話を聞こうと仲間と訪問したこともあり、近所の人からイノシシ対策について質問されることも。町内に住む息子一家の3歳と生後5カ月になる孫たちの話になると、自然と頬が緩んだ。どんなに疲れていても毎晩、湯船につからないと気が済まない長風呂派。毎日の愛犬の散歩と入浴で持病も無い。「健康の秘訣かも」

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

石野 好胤(よしたね)さん

湘南蘭友会会長、西湘蘭展実行委員会の事務局を務める

石野 好胤(よしたね)さん

小田原市在住 76歳

1月22日号

小澤 敦史さん

大磯・二宮・平塚の若手経済人が集まる平塚青年会議所63代理事長の

小澤 敦史さん

平塚市在住 38歳

1月8日号

瀬戸 淳一さん

中井町など県西2市8町を管内とする小田原小売酒販組合・酒販協同組合の理事長を務める

瀬戸 淳一さん

南足柄市在住 67歳

12月18日号

野谷 富雄さん

原木しいたけの栽培を60年以上続けている

野谷 富雄さん

二宮町山西在住 90歳

12月11日号

木村 代紀さん

大磯の湘南ギャラリーえんで個展を開催する

木村 代紀さん

二宮町在住 77歳

12月4日号

廣木 義浩さん

神奈川県美容業生活衛生同業組合平塚支部の支部長を務める

廣木 義浩さん

HAIRGEMS(大磯)店長 52歳

11月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 春を先取り

菜の花 春を先取り

二宮町の吾妻山で見ごろ

1月9日~2月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク