大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

一般社団法人海鈴(かりん)大磯(ふるさと回帰支援センター大磯)の代表理事を務める 富山 昇さん 大磯町東町在住 74歳

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

大磯ファン増やす応援団長

 ○…大磯町への移住・定住を促し、コミュニティ活性化に取り組む。一般社団法人を昨年4月に設立、同9月に相談窓口のふるさと回帰支援センター大磯を開設した。11月28日には第1回の体験ツアーを行い、先輩移住者などのサポーター「磯人(いそじん)」の仲間とみかん農園やコワーキングスペースなどに参加者を案内した。「大磯でのライフスタイルに魅力を感じてもらえるような仕掛けを作っていく」と話す。

 ○…広告代理店に勤めていた55歳のとき、シニアのワークライフに関するフォーラムを開いた。起業や田舎暮らし、地域デビュー。団塊の世代が定年後の人生をどう生きるかは、自分のテーマでもあった。フォーラムを機に、有楽町のふるさと回帰支援センターと縁ができた。地方移住の中心層がシニアから若者に変わり、「リモートワークが普及したこの転換期を逃す手はない。まちおこしに一緒に活動してくれる若い世代の移住者を増やしたい」と意気込む。

 ○…生まれも育ちも大磯町。大磯中学校の同級生と大磯宿場まつりに携わり、花魁道中で盛り上げた。定年退職後、自宅敷地内に交流や学びのための地域のたまり場を開き、大磯だいすき倶楽部を設立。大磯市や左義長、地曳網教室、湘南国際マラソン大会などに協力する。定置網漁でボランティアも。「朝日を見ると疲れも吹き飛ぶ」

 ○…「住民同士のほどよい距離感。いい空気の流れを感じられるところが大磯の魅力。人と人を結びつけるのが楽しい」と語る。「縁の下のプラットホーム」を自認しながら、裏方で支えてくれる夫人に感謝する。週3日の水泳とノルディック・ウォーキング、健康マージャン、川柳など多趣味。「体を動かしていても太ってしまう」と、おなじみのニコニコ顔。

「困った」を「良かった」に

総合リフォーム工事・太陽光発電・外構・土木・プロパンガス販売及び水道など

<PR>

大磯・二宮・中井版の人物風土記最新6

土方 正美さん

大磯町消防団長を務める

土方 正美さん

大磯町虫窪在住 69歳

1月28日号

尾上 孝さん

井ノ口東農道に桜を咲かせる会の会長を務める

尾上 孝さん

中井町井ノ口在住 75歳

1月21日号

花田 慎介さん

平塚・大磯・二宮の若手経済人が集まる平塚青年会議所64代理事長の

花田 慎介さん

平塚市在住 39歳

1月14日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市在住 50歳

1月7日号

能勢 純奈さん

「1年遅れの成人式inにのみや」の開催準備にあたっている

能勢 純奈さん

二宮町百合が丘在住 21歳

12月24日号

スタジオナナホシさん

大磯で毎年個展を開催している木彫りクラフトアート・アクリル画家の

スタジオナナホシさん

藤沢市在住 47歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook