秦野版 掲載号:2013年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

東海大学ソーラーカーチーム 3連覇めざし始動 WSC参戦車両を発表

東海大学ソーラーカーチーム
東海大学ソーラーカーチーム

 東海大学(高野二郎学長)チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチームが10月にオーストラリアで行われる「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2013」に参戦。8月27日、参戦車両の2013年型「Tokai Challenger」の発表が行われた。

 同大会は世界最大級のソーラーカーレースで隔年で開催される。ダーウィンからアデレードまでの3000Kmを縦断するタイムを競い、今年は43チームがエントリー。日本からは6チームが参加する。

 公開された同大学の参戦車両は、全長4・495m。太陽光のみの巡航速度は時速85Kmに達する。今年はレギュレーション変更に伴い4輪が義務化され、同チームでは20年ぶりに4輪車両を開発。太陽電池に落ちる影を減らし、空気抵抗を小さくするため、左側にコックピットを寄せた「カタマラン型」を採用した。

 核となる太陽電池モジュールにはパナソニック(株)の「HIT」を使用。この太陽電池は高温に強く、灼熱のオーストラリアでも「他と出力に差がつけられる」と見ている。またバッテリーには、同じく同社のリチウムイオン電池を搭載した。

 車体本体には東レ(株)の炭素繊維「トレカ」が材質として使用され、東レ・カーボンマジック社で成型。ボディの軽量化が図られた。

「技術の高さ示し社会貢献を」

 09年、11年と同大会で総合優勝を果たしている東海大学チーム。3度目の今年、大久保亮佑チームマネージャー(工学部動力機械工学科3年次)、木村英樹チーム監督(工学部電気電子工学科教授)を中心に27人がメンバーとして遠征する。

 発表会では、大久保マネージャーが車両の開発にあたり「レギュレーション変更でコックピットを大きく確保しなければならない分、太陽電池を貼る場所がなくなってしまい、その調整に苦労した」と話した。また従来通りにコックピットを中心に置くか、カタマラン型にするかでもチーム内で様々な議論がされたそうだ。

 8月24・25日には秋田県でソーラーカーのテスト走行が実施され、「結果は非常に良好。納得できる走りができた」と木村監督は話す。今後は10月5日の予選を経て、6日から本戦レースがスタート。35時間20分をゴール目標に、大会3連覇を目指す。
 

秦野版のトップニュース最新6件

防犯ランニングで地域貢献

秦野曽屋高校

防犯ランニングで地域貢献

2月16日号

葉ニンニクで鳥獣害対策

菖蒲諸星さん

葉ニンニクで鳥獣害対策

2月16日号

健全育成支え半世紀

秦野市青少年指導員連絡協議会

健全育成支え半世紀

2月9日号

篠窪バイパス 3月10日開通

県道708号

篠窪バイパス 3月10日開通

2月9日号

「グランフォンド丹沢」初開催

ウェブで事業所紹介

秦野商議所

ウェブで事業所紹介

2月2日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク