神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2013年8月31日 エリアトップへ

東海大学ソーラーカーチーム 3連覇めざし始動 WSC参戦車両を発表

公開:2013年8月31日

  • X
  • LINE
  • hatena
東海大学ソーラーカーチーム
東海大学ソーラーカーチーム

 東海大学(高野二郎学長)チャレンジセンター・ライトパワープロジェクト・ソーラーカーチームが10月にオーストラリアで行われる「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2013」に参戦。8月27日、参戦車両の2013年型「Tokai Challenger」の発表が行われた。

 同大会は世界最大級のソーラーカーレースで隔年で開催される。ダーウィンからアデレードまでの3000Kmを縦断するタイムを競い、今年は43チームがエントリー。日本からは6チームが参加する。

 公開された同大学の参戦車両は、全長4・495m。太陽光のみの巡航速度は時速85Kmに達する。今年はレギュレーション変更に伴い4輪が義務化され、同チームでは20年ぶりに4輪車両を開発。太陽電池に落ちる影を減らし、空気抵抗を小さくするため、左側にコックピットを寄せた「カタマラン型」を採用した。

 核となる太陽電池モジュールにはパナソニック(株)の「HIT」を使用。この太陽電池は高温に強く、灼熱のオーストラリアでも「他と出力に差がつけられる」と見ている。またバッテリーには、同じく同社のリチウムイオン電池を搭載した。

 車体本体には東レ(株)の炭素繊維「トレカ」が材質として使用され、東レ・カーボンマジック社で成型。ボディの軽量化が図られた。

「技術の高さ示し社会貢献を」

 09年、11年と同大会で総合優勝を果たしている東海大学チーム。3度目の今年、大久保亮佑チームマネージャー(工学部動力機械工学科3年次)、木村英樹チーム監督(工学部電気電子工学科教授)を中心に27人がメンバーとして遠征する。

 発表会では、大久保マネージャーが車両の開発にあたり「レギュレーション変更でコックピットを大きく確保しなければならない分、太陽電池を貼る場所がなくなってしまい、その調整に苦労した」と話した。また従来通りにコックピットを中心に置くか、カタマラン型にするかでもチーム内で様々な議論がされたそうだ。

 8月24・25日には秋田県でソーラーカーのテスト走行が実施され、「結果は非常に良好。納得できる走りができた」と木村監督は話す。今後は10月5日の予選を経て、6日から本戦レースがスタート。35時間20分をゴール目標に、大会3連覇を目指す。
 

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

市長を表敬訪問

元NFLチア瓜生さん

市長を表敬訪問

たばこ祭などにも出演

6月14日

体育施設に電子錠

秦野市内小・中学校

体育施設に電子錠

市民利用時の利便性向上

6月14日

優良協会で表彰

秦野市交通安全協会

優良協会で表彰

65年・97年に続き3回目

6月7日

下関から風船で手紙届く

下関から風船で手紙届く

南中1年 宅見さんが発見

6月7日

新東名SA予定地も会場に

丹沢グラベルオープンゲート

新東名SA予定地も会場に

9日、林道を自転車で駆る

5月31日

田村兄妹がW入賞

県アマゴルフ

田村兄妹がW入賞

兄の琉煌さんは優勝

5月31日

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook