神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2015年9月12日 エリアトップへ

本町小6年浦部創造君 ピアノソロで全国銅賞 カワイ音楽コンクール

文化

公開:2015年9月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
銅賞を獲得した浦部君
銅賞を獲得した浦部君

 浦部創造君(本町小6年・クレッセント音楽教室)が8月にみなとみらいホールで行われた「第48回カワイ音楽コンクール」のピアノ部門ソロの部Cコース(小6以下)に関東地区代表として出場し、銅賞を獲得した。

 今年4月に行われた関東大会で最優秀賞に輝き、全国への出場権を獲得した浦部君。全国大会での受賞が決まった瞬間、「びっくりした」と話す。課題曲のミスがなければ「もう一つ上の賞もいけたかも」と少し悔しそうな表情だ。

 課題曲が発表されたのは本番の2カ月前。スカルラッティ「ソナタ」とシューマン「ユーゲントアルバム」という今までに弾いたことのない作曲家の曲に「正直、最初はかなり厳しいのでは、と思いました」と同教室の石井晶子代表は話す。しかし、浦部君は夏休みを利用して朝昼夜毎日4時間弾き込み、形にしていったという。その間、様々なコンクールや発表会にも積極的に出場し、メンタル面の強化も図ってきた。

 当日は課題曲2曲のほか、自由曲も2曲演奏。4曲約10分という長時間の演奏で体力的にもきつかったが、浦部君は「課題曲のシューマンは弾き直しをしたけど、表現的なところは出来たと思う。そのあとの自由曲は好きな曲だったから良かった」と振り返る。ミスも引きずることなく、気持ちを切り替えて自由曲を演奏し、その表現力と技術力が評価された。

 母の京子さんは「10分間演奏するのも初めてのこと。不安だらけでしたが、ここまで弾けるようになるとは大きくなったな、と嬉しさを感じています」と受賞を喜ぶ。石井代表も「浦部君は今回で曲ごとに弾き分けることができるようになり、表現の幅が広がったと思います。技術も上がり、このまま成長してほしい」と話す。現在は新たな曲に挑戦している浦部君。得意とするフォルテを生かすため強弱の練習にも力が入る。「次は連弾もやりたい」と笑顔を見せた。

秦野版のトップニュース最新6

秦野の産業一堂に

商工まつり

秦野の産業一堂に

5月25・26日 文化会館で

5月24日

7大陸最高峰登頂へ出発

登山家西川史晃さん

7大陸最高峰登頂へ出発

遠征前に秦野市内で野営

5月24日

ICT技術を本格導入

秦野市消防

ICT技術を本格導入

救急活動の効率化図る

5月17日

記念事業計画まとまる

秦野市市制70周年

記念事業計画まとまる

プレイベントは今年から

5月17日

キッチンカー年間出店

弘法山公園

キッチンカー年間出店

飲食需要に応え実証実験

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook