秦野版 掲載号:2015年10月31日号
  • LINE
  • hatena

11月1日〜3日に行われる東海大学第61回建学祭の実行委員長を務める 小野田 将太さん 小田原市在住 22歳

「最高の思い出作りたい」

 ○…今年の建学祭テーマは『Memory』。テーマ通り「学生や来場者にとって最高の思い出となってほしい」と期待を寄せる。1年から実行委員会のメンバーとして関わり、最終学年の今年は実行委員長に立候補。52人のメンバーをまとめ、準備を進めてきた。

 ○…法学部法律学科に所属。大学入学前から「部活やサークルではなく、組織で活動したい」と考えており、中でも有名な建学祭実行委員会を選んだ。もともとあまり社交的な性格ではなかったが、模擬店の担当を任され、多くの人と話すうちに「意外とやれる」と自信もついた。建学祭後に出店者から「お疲れ様」と声をかけられたときには、「やって良かったな、と思いましたね」と笑顔を見せる。しかし、3年間には失敗談も多々あった。委員長に就任し、後輩には「情報伝達ミスなど、同じ失敗をしないように、色々とアドバイスしました」と話す。

 ○…小田原市出身。大学進学にあたって「自宅から通える場所が良い」と東海大に決めた。「大きすぎず、小さすぎず、適度に住みやすいところが気に入っている」と地元愛をのぞかせる。地元商社に内定も決まり、今は建学祭に全力投球の日々だ。休みの日は家でパソコンを触ったり、最近では海釣りに興味も。性格は『真面目』で「逆に真面目すぎるので、ふざけたりできるメリハリが欲しいんですがなかなか…」と苦笑い。メンバーと打ち合わせ後に食べに行くラーメンも好物だ。「メンバーは理系・文系、全国から集まっているので知らないことを色々聞けるのが面白い」と話す。

 ○…「今はとにかく、無事に終わって欲しい」と本音をぽろり。大学祭という性質上、メインは学生だが、「地域の方にも、大学で何をやっているのかを知ってもらえれば。学生との対話を楽しんでもらいながら、一緒に建学祭を盛り上げたい」。集大成となる今年、11月1日からの3日間、全力で楽しみ尽くす。

秦野版の人物風土記最新6件

紅谷 綾音さん

東海大学チャレンジセンターキャンパスストリートプロジェクト(C.A.P.)のリーダーを務める

紅谷 綾音さん

12月14日号

猪股 義晴さん

9日まで開催中の「蓑毛緑水庵紅葉ライトアップ」の主催事務局を務める

猪股 義晴さん

12月7日号

渡邉 典夫さん

30周年を迎えた社会福祉法人ビーハッピー「みのりの家」の理事長を務める

渡邉 典夫さん

11月30日号

鈴木 幹雄さん

秦野観光和太鼓最年長会員として11月25日の第9回自主演奏会に臨む

鈴木 幹雄さん

11月23日号

小泉 貴寛さん

秦野産小麦の地産地消を目指す秦野小麦出荷組合組合長

小泉 貴寛さん

11月16日号

久保寺 こずえさん

絵画サークルCrazy Pumpkinの代表を務める

久保寺 こずえさん

11月9日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク