神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2016年9月3日 エリアトップへ

ピアノ連弾で全国銀賞 本町中の高橋君と浦部君

文化

公開:2016年9月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
連弾を披露する浦部君(左)と高橋君(右)
連弾を披露する浦部君(左)と高橋君(右)

 市内在住の高橋海斗君(本町中2年)と浦部創造(そうぞう)君(同1年)が、8月19日に東京都文京区のトッパンホールで行われた2016年度ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会、連弾中級Bの部門で銀賞に輝いた。

 当日は、6月から行われた地区予選、続いて地区本選を勝ち抜いた24組が集まった。出番前の緊張は2人で体操をしてリラックス。高橋君が好む速く楽しい曲調のP·ストヤノフの「ゲーム」と、浦部君が好む、聴かせるゆったりとした曲調のサン=サーンス「動物の謝肉祭より 序奏とライオンの行進」の2曲を演奏した。2人は「少しミスがあった」と振り返るも、思い切りの良い演奏を披露し、弾き終えた時には思わず2人とも笑顔がこぼれた。クレッセント音楽教室で2人を指導する石井晶子さんは「2人は本番に強い。透明感のある澄んだ高橋君の音色と、厚みのある濃い浦部君の音が合わさることで化学反応が起きる」と評する。高橋君は「浦部君の動きを見て合わせるところ」、浦部君は「4本の手が合わさり、華やかな曲になるところ」に連弾の楽しさを感じているという。

 同大会は日本で一番大きな大会と言われ、全国で約4万人が参加した。2人が参加したのは、一人は高校生以下で一人は年齢制限なしの部門。夏休みを返上して毎日3〜4時間鍵盤を弾いたという。ほとんどが年上で、中には音楽高校に通うペアも見られた。年上が多くハイレベルなコンクールの中、「全国2位にあたる銀賞を受賞できたことは驚いた。2人の頑張りの賜物。これからも頑張ってほしい」と石井さんは労った。

 なお石井さんは5年連続で指導者賞を受賞した。
 

秦野版のトップニュース最新6

高校生プロボクサー誕生

高校生プロボクサー誕生

柳町在住の竹内凰騎(おうき)さん

4月12日

市制70周年ロゴ決まる

秦野市

市制70周年ロゴ決まる

記念の節目を盛り上げる

4月12日

協定結びフードバンク

NPO法人×秦野市

協定結びフードバンク

食料支援を市内で完結

4月5日

携帯型は1日分に満たず

秦野市災害時トイレ

携帯型は1日分に満たず

28年度までに充足へ

4月5日

能登に1200万円寄付

秦野市自治会連合会

能登に1200万円寄付

239自治会から募り

3月29日

かながわブランドに

はだの葉ニンニク

かながわブランドに

加工品販売開始でPRへ

3月29日

くぼたのうけん秦野教室 4月からリニューアル

キャンペーン開催中!4月・5月の入会で入会金11,000円が0円

https://kubotanouken-hadano.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月27日0:00更新

  • 10月20日0:00更新

  • 10月6日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook