神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2018年1月19日 エリアトップへ

ファミリーマート秦野市役所前店 市負担でAED初設置 24時間の対応に期待

社会

公開:2018年1月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
AEDを持つ店舗スタッフ
AEDを持つ店舗スタッフ

 秦野市は1月9日、ファミリーマート秦野市役所前店を経営する(有)ナガシマ(永島等代表取締役)と協定を締結し、店舗内にAEDを設置した。市が費用負担しコンビニエンスストアにAEDを設置するのは初の試み。

 秦野市では現在、市内の公共施設に87台のAEDを設置している。しかし、設置場所が各施設の事務所内などが多く、使用できる時間帯が施設の開館時間に限られ、夜間や休館時には使用できない状況にあった。

 そんな中、他市では365日24時間営業のコンビニにAEDを設置している例もあることから、秦野市でも導入を検討。まずは、市役所に一番近いファミリーマート秦野市役所前店に試行的に設置することにしたという。

 同店を経営する(有)ナガシマの永島社長は、秦野市からの申し入れについて本部の(株)ファミリーマートに話をしたところ、同社も全国的に地域貢献としての協力を積極的に実施していることから、今回の申し入れも受け入れが可能となった。1月9日には秦野市と(有)ナガシマで協定が締結され、AEDを設置。AEDはレジ付近で保管され、緊急時には店舗スタッフに声をかければいつでも使用することができる。また、今後は入口付近にAED設置店であることを示すポスターも掲出予定だ。

 「近くには小・中学校もあり、休日にはスポーツの練習も行われています。いざという時に店舗にAEDがあれば、助かる命もあるのでは」と永島社長。AEDにかかわる費用は市の負担となるが、同店舗では今後、店長やマネージャーを中心に応急手当講習会を受講する方針だという。永島社長は「うちの店舗だけでなく、他のコンビニにも広がっていくように期待したい」と話す。市健康づくり課は「効果を検証し、他のコンビニへの導入も検討していきたい」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

秦野の産業一堂に

商工まつり

秦野の産業一堂に

5月25・26日 文化会館で

5月24日

7大陸最高峰登頂へ出発

登山家西川史晃さん

7大陸最高峰登頂へ出発

遠征前に秦野市内で野営

5月24日

ICT技術を本格導入

秦野市消防

ICT技術を本格導入

救急活動の効率化図る

5月17日

記念事業計画まとまる

秦野市市制70周年

記念事業計画まとまる

プレイベントは今年から

5月17日

キッチンカー年間出店

弘法山公園

キッチンカー年間出店

飲食需要に応え実証実験

5月10日

通報現場を「見える化」

秦野伊勢原消防本部

通報現場を「見える化」

スマホで映像を送信

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook