秦野版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

給食センター受注候補者 ハーベストグループを選定 年内に基本協定締結予定

教育

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
給食センター建設予定地(旧水道局庁舎跡地)
給食センター建設予定地(旧水道局庁舎跡地)

 秦野市は2021年12月から始まる中学校完全給食に向け、公募型プロポーザル方式で募集していた施設整備及び運営事業の優先受注者を「ハーベストネクストグループ(代表企業ハーベストネクスト(株))」に選定した。

 「秦野市学校給食センター(仮称)」は、曽屋の旧水道局庁舎跡地(曽屋830の1)に建設される。

 センターは市が事業グループに定期借地権付きで貸し付け、グループが建設した施設を市が借り受け、調理と施設の維持・管理業務を委託する。契約期間は22年間。この手法では建設資金を民間が一時的に調達するため、市が単年度で多額の負担をしなくて済むことになる。

 今年7月から受注者の募集を開始し、9月にハーベストネクストグループを含む2グループからの申し込みがあったが、1グループは10月4日までの事業提案書期限に提案書を提出しなかったことで辞退。地元企業を含むハーベストネクストグループのみがプレゼンテーションを行った。

 学識経験者や学校関係者など8人による選定委員会の審査では、同グループが全国で100以上の自治体で給食事業を行っていることや公民連携事業にも精通していること、また、衛生管理やアレルギー対応では専用の調理室、専門の職員を配置することなど、市の要望に応える内容となっていることを評価。1000点満点で786点という高評価になった。さらに食育のために見学通路や研修施設なども設置予定で、市の現状が理解されている点も評価されたという。

 市は年内には基本協定を締結したいとしている。

秦野版のトップニュース最新6

5万人に飲食代千円返金

顔晴ろうはだのキャッシュバックキャンペーン

5万人に飲食代千円返金 経済

消費喚起策で8月20日から

7月10日号

新型コロナでICT化加速

秦野市

新型コロナでICT化加速 教育

全小・中学生にタブレット

7月10日号

小ホールを無料提供

クアーズテック秦野カルチャーホール

小ホールを無料提供 文化

7月中 無観客を条件に

7月3日号

歴史文化学ぶ博物館に

桜土手古墳展示館

歴史文化学ぶ博物館に 文化

8月1日から改修工事へ

7月3日号

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」

東中学校

老いも若きも「東Tuber(トーチューバー)」 教育

教師一丸で進むICT教育

6月26日号

小中学生の悩み相談を

秦野市

小中学生の悩み相談を 教育

新たに電話窓口を開設

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク