秦野版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

秦野市の市民体操「はだのさわやか体操」を考案し指導してしている 川向 妙子さん 今泉在住 72歳

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

楽しさが継続の秘訣

 ○…20年以上秦野市民に親しまれる「はだのさわやか体操」。誰でも日常生活の中で取り入れられる全身運動として健康維持や介護予防の助力になっている。「楽しい、またやりたいと思ってもらえることが指導のモットー。それが長く続けられる秘訣」と微笑む。

 ○…東京都出身。中学生のときに教師からの推薦で全校生徒の前でラジオ体操をリードしたことを機に、体操の楽しさを実感した。新体操の強豪校に進学、東京女子体育大学3年生の時に世界選手権の団体競技に挑み、日本の初出場・5位に貢献した。「海外の選手は体が柔らかくて、世界との差を感じた。とても刺激になった」と振り返る。卒業後は東海大学体育学部で生涯スポーツをテーマに教鞭をとった。当初は日本代表選手で、「講義後に国立にある母校で練習し、翌日東海大に戻る生活。なかなかハードだった」と笑う。

 ○…1999年に秦野市から体操の制作依頼が大学にあり、白羽の矢が立った。学部長と案を練った際に意識したのは「ラジオ体操にない動きを取り入れること」。国民に親しまれる体操と共に続けられるよう「ステップ」を取り入れた。「転倒するのは体の重心がずれたとき。片足で全体重を支えられる感覚を身につける力を養えるものになればと」。指導に行くと難しいと言われることもあるが「練習するとできるようになる。できた、楽しいと言われたときが嬉しい」という。

 ○…子どもの頃から動物が好きで、今は保護猫を中心に8匹を飼っている。猫たちが体を動かせるよう、駐車場を庭にしたほどの愛猫家。コロナ禍で体を動かす機会が減り、体調の変化を感じているという。「体を動かすことは大切。限られた環境の中でも伝えていきたい」と話した。

秦野版の人物風土記最新6

瓜本 公生さん

東公民館で定期開催するレコードカフェ「メモリーズ」を企画した

瓜本 公生さん

曽屋在住 65歳

4月23日号

竹内 房枝さん

70周年を迎えた秦野市子ども会育成連絡協議会の会長を務める

竹内 房枝さん

南が丘在住 71歳

4月16日号

上杉 吉昭さん

秦野市の風景をテーマに油彩画の個展を開催している

上杉 吉昭さん

松原町在住 85歳

4月9日号

高田 賢治さん

スクールサポーターとして市内の小学生などの見守り活動を続けている

高田 賢治さん

70歳

4月2日号

岡田 ユキオさん

活動5周年の作品展を行う「水彩スケッチ四季」の講師を務める

岡田 ユキオさん

羽根在住 66歳

3月26日号

佐野 友保さん

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟の専務理事を務める

佐野 友保さん

今泉在住 74歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春のスペシャルオリエンテーリング

【Web限定記事】自然観察施設くずはの家

春のスペシャルオリエンテーリング

4月29日~4月29日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第1回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第1回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    4月16日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter