秦野版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

ルアー刺さった野鳥相次ぐ 震生湖で問われるマナー

社会

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
口にルアーが引っかかっているキンクロハジロ(上)とホシハジロ(下)=はだの野鳥の会提供
口にルアーが引っかかっているキンクロハジロ(上)とホシハジロ(下)=はだの野鳥の会提供

 秦野市と中井町にまたがる震生湖(今泉1814)で口にルアーが刺さった野鳥が相次いで発見されている。ブラックバスフィッシングが盛んで市内外から多くの愛好家が訪れる震生湖。これらの野鳥は釣り人が残していったルアーを捕食しようとしたものと推測されている。

 震生湖は1923年9月1日の関東大地震によってできた堰止湖。フナやコイ、オオクチバスなどの魚が生息しているほか、カワセミ、コゲラなど多くの野鳥の姿を見ることができる。

 豊かな自然に恵まれ、春には桜、秋には紅葉が楽しめるなど観光スポットとして人気。例年ハイキングや釣りをしに年間約5万人が訪れている。

獲物と間違え食べる

 2月1日、震生湖で口にルアーの針が引っかかっているキンクロハジロが発見された。発見したのは、はだの野鳥の会の会員。昨年にはホシハジロの口にもルアーが引っかかっているのが確認されているという。同会会長の八木茂さんは「潜水性のカモは潜って小魚などを捕るため、湖に沈んでいたルアーを魚と間違えて食べてしまったと考えられます。捕獲しないと外してやれないので難しい」と話す。

市の管理は「湖」以外

 震生湖は散策道や駐車場などは秦野市の観光振興課が管理をしているが、湖は私有地。湖以外の箇所については定期的に清掃しているという。

 昨年11月の市環境共生課らで行われた湖の生物調査では、魚を捕る網にルアーの針が2個引っかかり、外す作業も大変だったという。環境共生課は「半日で限られた範囲での調査。その中で2個もルアーの針が引っかかったというのは沈んでいるルアーが相当数あるのでは」と話す。

 市では「ゴミの持ち帰りや糸や針などの回収に努めるなど、余裕をもって釣りを楽しんでほしい」といい、これまでにも釣り客のマナー向上として看板を立てたりと工夫をしているが、今後も啓発をしていくという。

国登録記念物に

 震生湖は昨年11月20日に国登録記念物(動物、植物及び地質鉱物関係)に登録するよう文部科学大臣に答申を行い、今後正式に認められる見込み。そのためにも震生湖や周辺の環境を保全していくことが不可欠。震生湖周辺を守る活動をしている南地区自治会連合会の「南地区まちづくり委員会」は「回収ができないルアーもあり解決は難しいが、そうしたことがあると認識し、皆で注意を促し守っていきたい」と話した。

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook