秦野版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

女性視点での防災を普及する「なでしこ防災ネット」の代表を務める 吉田 トシ子さん 沼代新町在住 71歳

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

いつも柔軟な視点で

 ○…家庭や地域に密着していることが多い女性の視点で、防災力を高め災害に強いまちづくりを目指す活動は、今年で16年を迎える。メンバーは10人で、民生委員や防災士など様々な知識や経験を持つ。「個々の特技を生かして、楽しく活動することを心がけてきた。みんながいるからこそできること」と感謝の気持ちを述べる。

 ○…防災に興味を持ったのは、2004年に娘の勧めで防災士の資格を取得したこと。「日常生活の視点が変わった。何気なく見逃していた危険な場所に目が向くようになった」。同時に子どもや高齢者と接することが多い女性が防災の知識を得る必要性を感じ、防災士の資格を持つ女性などに声をかけて05年に「なでしこ防災ネット」を立ち上げた。防災マップの作成や防災教育を目的としたキャンプを行うなど活動を続けていく中で、福祉や保育、食育、環境など様々な分野の団体と連携し、幅広い視野で防災・減災を考えられるようになった。東日本大震災発生時は保健福祉センターに勤務中で、利用者を安全な場所に避難誘導した。「日頃の活動や知識が生きた」と振り返る。

 ○…子どもが受験生だったとき「お母さんも勉強する」と20年以上前から”1年に1つ資格を取る”ことをルーティンにしている。取得した資格は茶道やパソコン、色彩、秘書検定など多岐に渡る。いま一番の楽しみは、孫と過ごすこと。「必要とされていることが嬉しい。子どもたちから学ぶことも多い」と声を弾ませる。昨年はコロナ禍でなでしこ防災ネットの活動が制限されたが、今年は講座のオンライン開催を計画中だ。「防災は柔軟な視点が大切。その時、その場所のニーズに合わせた活動ができれば」と話した。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook