秦野版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

秦野市の風景をテーマに油彩画の個展を開催している 上杉 吉昭さん 松原町在住 85歳

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena

豊かな自然が創作の源

 ○…秦野に魅せられたのは、ある春の日だった。トンネルを抜けた瞬間に広がった春雪の美しさに”惚れ”て、1972年に東京から秦野市に移り住んだ。以来、秦野の風景を中心に描いてきた。これまで主に都内のデパートで企画展などを行っていたが、今回初めて地元・秦野の近くで開催することになった。「地域の方に絵を観ていただければ。感じたままにご覧いただけると嬉しい」と目を細める。

 ○…愛媛県西予市の米農家出身。子どもの頃から絵を描くことが好きで、クレパスや絵の具で風景画を描いていた。高校は農業科に進んだが、絵への情熱は募るばかりで「在学中に通信教育や講習を受けて、絵の勉強をしていた」。両親にその想いを伝え、東京藝術大学を受験して合格。大学では洋画家の小磯良平氏の指導を受けて人物や風景などを描いた。

 ○…卒業後は法政大学附属の中学校と高校で、美術教師をしながら作家活動を続けた。秦野市に移住後は、休日を利用して豊かな自然に囲まれて描く中で「絵描きになりたい」という想いがさらに強くなった。41歳の時に退職して、画家に専念。「当時、子どもがまだ小さかったが、妻が夢を応援してくれた。感謝している」とうなずく。

 ○…「目で見て、空気に触れ、ありのままの姿を描くこと」がモットー。自動車免許を返納後は登山用リュックに画材を詰め、イーゼルとキャンバス2枚を持ち、歩いて現場に向かって制作する。最近は自宅内にあるアトリエそばの四十八瀬川付近からの風景が多い。今回の個展は丹沢や震生湖など市内の風景が並ぶ。3月末にオープンしたヤビツ峠レストハウスにも作品が飾られている。「目で見たものを描くことを突き詰めていきたい」と話した。

秦野版の人物風土記最新6

久保 徹さん

4月1日付で県平塚土木事務所の所長に就任した

久保 徹さん

平塚市出身 59歳

6月11日号

高橋 洋一さん

YAMA CAFEの店長に就任した

高橋 洋一さん

大秦町在住 61歳

6月4日号

樺島 進一郎さん

4月1日付で秦野商工会議所青年部の会長に就任した

樺島 進一郎さん

(株)コラム建設代表取締役 47歳

5月28日号

竹村 洋治郎さん

秦野市を管轄する湘南地域県政総合センターの所長に4月1日付で就任した

竹村 洋治郎さん

58歳

5月21日号

内田 慎之介さん

秦野市PTA連絡協議会(市P連)の会長を務める

内田 慎之介さん

南矢名在住 38歳

5月14日号

中尾 洋子さん

秦野少年補導員連絡会の会長に就任した

中尾 洋子さん

南矢名在住 65歳

5月7日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter