秦野版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

聖火フェスティバルの企画運営に協力し、講演を行う 師岡 文男さん 名古木在住 67歳

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

秦野のために経験生かす

 ○…上智大学で「オリンピック・パラリンピック概論」の講義を行い、東京2020大会招致にも関わった。12年かけた夢は実現したが、難しい状況で大会を迎えることになった。「オリパラの目的はスポーツを通して平和で差別のない共生社会を作ること。特に子どもたちにテレビ観戦や地域の企画で世界のこと、他者のことを考える機会になれば」と話す。

 ○…世田谷区生まれ。ひっこみ思案だった10歳の少年が1964東京五輪を体験し、人生観が変わった。「世界中の人々がスポーツで1つになれることを知った」。中学時代のユースホステル宿泊体験で野外教育やレクリエーション教育という分野を知り、教員を目指して上智大に入学、2カ月かけて民泊でアメリカ1周したことも。卒業後は筑波大大学院に進学、79年から母校の保健体育教員として40年教鞭をとった。「人見知りだったのに人前で話す仕事に就くなんて」と笑う。

 ○…秦野市との縁は大学時代から。「新入生合宿で秦野キャンパスに来て。富士山が見え、夜景もきれいで感動した」。自然豊かで都心からも好アクセスと、教員になってからもキャンプ実習や里山保全活動などで毎年訪れていた。昨年、妻の意向もあり秦野市へ移住。「美味しい水と食べ物がすぐに手に入る自然で持続可能な生き方ができる理想郷。住民の皆さんも親切」と微笑む。

 ○…現在は上智大名誉教授や日本オリンピック委員会総務本部委員、日本フライングディスク協会会長などを務める。リモートワークなどを活用し、「新婚以来、ほぼ毎食を妻と一緒にとれるようになった」と嬉しそう。市主催の企画にも多数協力。「これまでの経験を大好きな秦野のために生かしたい」と、熱い想いがあふれていた。

秦野版の人物風土記最新6

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook