秦野版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

アンサンブル楓の代表を務める 酒井 みさをさん 寺山在住 63歳

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

1日でも長く音を届けたい

 ○…菩提にあった「ギャラリー楓」で初めてフルートの演奏をしたときに「人と人との出会いを生む温かい雰囲気に感動した」と、仲間に声をかけて「アンサンブル楓」を結成して約10年。毎月優しい音色で会場を包みこんできた。今年2月に惜しまれつつ閉館したときは「途方にくれた」。そんなときに公民館からの打診で、定期的にコンサートを開くことになった。「本当にありがたい。お客様のいる場で音を出せることに喜びを感じる」と微笑む。

 ○…名古屋出身。中学2年のときに大学生の姉が伴奏し、フルート奏者が演奏するバッハのソナタを聴き、「自分もやりたい」と猛練習。高校は音楽科、その後は国立音大に進んだ。練習を重ねるたびに表現が広がったといい、「授業が終わるとフルートを吹く。毎日その繰り返し。若いからこそできた」と笑う。卒業後は演奏活動をしながら専門学校の講師なども務めた。

 ○…1982年に結婚を機に秦野市へ。夫婦共通の趣味は「昆虫採集」で、新婚旅行は「18日間、タイの山の中で虫捕りをしていた」ほど。自然の中で虫たちと息をひそめる時間が好きで、秦野は自然豊かでお気に入りの場所だという。

 ○…2014年にメンバーの1人が若くして急逝、一緒に活動してきた想いを胸に演奏を続けてきた。現在は40代から70代の6人が世代を越えてハーモニーを作り上げる。一人娘はバイオリニストとなり、ドイツのオーケストラに所属。コロナが収束したら「また演奏を聴きに行きたい」。日々感じるのは演奏できる喜び。「健康と信頼する仲間、聴きに来てくださるお客様。何か1つ欠けても成り立たない。この幸せな時間が長く続くよう努力していきたい」と話した。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook