秦野版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している 板倉 久士さん YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena

丹沢に魅せられた山男

 ○…山小屋などに荷揚げを行う「歩荷(ぼっか)」。秦野戸川公園のYAMA CAFEで週5日働きながら、休日の月・木に塔ノ岳山頂の尊仏山荘へ物資を届ける。装備含め50kg以上の荷を背負い、片道4時間半かけ登頂する。「きつくて毎回くじけそうになるけど、やっぱり塔ノ岳は何度登っても飽きない」。山小屋の主人の「ありがとう」の一言が、次のモチベーションに繋がるという。

 ○…きっかけは、大山で出会った歩荷の北樋口康さんへの憧れ。登山が趣味で訓練がてらテント泊装備を背負い登山することが多く、「どうせ荷物を背負うなら山小屋の役に立ちたい」という思いでホームグラウンドとしていた丹沢の尊仏山荘に自らを売り込み、快諾を得る。「登っていると声援をもえらえるし、山に携わっていると感じられるのが面白い」と魅力を語る。

 ○…東京で生まれるが、喘息持ちだったため一家で茅ヶ崎に。6歳からボーイスカウトに所属し、昔から山やキャンプが好きだった。車やバイクも好きで専門卒業後、トラック整備士やBMWの整備のアドバイザーなど車業界に携わってきたが、YAMA CAFE店主の山本哲史さんに惚れ込み一念発起。山に携わる仕事に転職した。

 ○…「歩荷がいなければ山小屋は成り立たない。それをもっと知って欲しいし、やりたいという人が増えて欲しい」。全ての山小屋にコンスタントに活動できる歩荷がいるわけではなく、報酬があっても交通費など経費分程度で、ほぼボランティアの状態。「好きじゃなきゃ続かないのが実情。もっと職業として確立できれば」と力を込める。「丹沢は登るほど深堀りできる場所。仕事でも歩荷でも、もっと丹沢と関わり知っていきたい」と語った。

新春キャンペーン

はたの校リニューアル記念 指定用品3点プレゼント

http://www.champion-sc.co.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

勝間田 兼二さん

秦野駅長に就任した

勝間田 兼二さん

大井町在住 56歳

7月1日号

吉野 詩織さん

7月9日に「インハイ」を実施する学生団体E4の代表を務める

吉野 詩織さん

秦野総合高校3年 17歳

6月24日号

板倉 久士さん

丹沢で歩荷として山小屋に荷揚げを行う活動している

板倉 久士さん

YAMA CAFE(戸川)勤務 45歳

6月17日号

多田 敏子さん

丹沢アートフェスティヴァルのスタッフとして支えた

多田 敏子さん

河原町在住 50歳

6月10日号

山口 浩さん

今年5周年を迎える「ぱれっと・はだの」の業務執行理事を務める

山口 浩さん

沼代新町在住 60歳

6月3日号

岩渕 浩二さん

秦野警察署長に就任した

岩渕 浩二さん

秦野市在住 53歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第10回・ラーメンでお客様を笑顔に

    7月1日号

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員 秦野市議会6月第2回定例会  一般質問

    古木勝久(3期目)

    7月1日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第9回・ついに開店「なんつッ亭」

    6月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook