秦野市長に就任した高橋 昌和さん西大竹在住 61歳

掲載号:2018年2月16日号

  • googleplus
  • LINE

率先垂範 まっすぐな眼差し

 ○…「選挙で3万3千以上の方に、自分の名前を書いていただいたこと。それはまちづくりに対する市民の期待の表れであり、その責任の重さを痛感しています」と、表情を引き締める。1979年法政大学を卒業後、秦野市役所に就職した。以来38年間にわたって職員として勤めてきた。その間企画課長や環境産業部長、財務部長、福祉部長などを務め2017年に定年退職した。

 ○…「現地現場主義に徹して欲しい」。就任のあいさつで職員に語った大切な想いのひとつだ。例えば窓口業務。市民の困りごとや悩み事などを相手の立場に立って考え、対応すること。そうした実体験の積み重ねが職員にとって大切なことだと信じる。そして市長として「市民の想いを行政の中で実現すること」を大切にする。

 ○…生まれも育ちも秦野。北地区で育ち「すぐ裏」の丹沢、二ノ塔・三ノ塔まで駆け上がっていく少年だった。その頃の体験が今につながり、登山は趣味のひとつ。丹沢の山々がホームマウンテンだ。さらに今でも忘れられない遠い日の大切な記憶。それは高校時代の柔道部の練習だ。「合宿とか本当につらくて…。でもあの時の厳しさを乗り越えられたから、これくらい大丈夫って、苦しいときも心の支えになった」と懐かしそうに笑顔をみせる。

 ○…市民に訴えてきた5つの誓いは今の秦野の課題そのもの。その一つ中学校給食は早速実施に向けた検討を始める。「選挙を通じて、とても関心が高かった。方式は今後検討しますが、任期中のこの4年間で実現させたい」と身を乗り出し、並々ならぬ意欲を口にする。秦野赤十字病院の分娩業務の再開を含めた地域医療の充実・強化など、解決のハードルは低くない。それでも「率先垂範。自らの行動で示したい」と明瞭な声で力強く語りかける。そのまっすぐな眼差しと真剣な表情は、新しいリーダーとして頼もしく映った。

  • googleplus
  • LINE

秦野版の人物風土記最新3件

  • 岸 善久さん

    秦野商工会議所青年部の会長に就任した

    岸 善久さん

    萩が丘在住 45歳

    5月18日号

  • 米山 楓さん

    スターダンサーズ・バレエ団のジュニアカンパニーに入団した

    米山 楓さん

    落合在住 18歳

    5月11日号

  • 関野 裕太郎さん

    2018年度秦野市PTA連絡協議会会長の

    関野 裕太郎さん

    鶴巻南在住 47歳

    4月27日号