都筑区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

大正末期から昭和の北山田から 第6回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

雨ごいの行事
雨ごいの行事
地神講(じじんこう)

 春、秋の彼岸には農家は必ず仕事を休み、地神様のおまつりである地神講をした。

 当番制により回り持ちで宿を受け持った。娯楽もない時であり、農繁期前の骨休みとして休憩できる、先代の生活の知恵ではないか。

 当番の家では、春はおはぎ、秋はじざい餅を作ることに決まっていた。両隣が手伝い、ご馳走を作り、昼食から夕方まで、飲み食いして情報交換の場として楽しく過ごした。

 近年はこの行事を行うところが少なくなったが、私らの組では休みなく続いている。

大山代参

 昔は徒歩が交通のたて前であり、お駕篭(かご)は特殊階級だけの乗り物でした。 

 何時の頃からの伝承かわかりませんが大山参りが行われるようになり、当然のこと大山には徒歩で行き、御神酒を頂戴して下山してきたようです。毎年行くには代表を選び代参してもらうことになり、現在に伝わっております。

 横浜市ふるさと歴史財団により解明されたところによりますと、当時の御神酒社二基が揃っているのは、北山田だけということが判明しました。

 平成三年、北山田で保存すべきか、市に移管して保管をまかせるべきか話し合った結果、傷みがひどく、管理も出来ないと判断し、市に移管いたしました。

 四年の現在、御神酒社は市の文化財で燻蒸(くんじょう)処理され、その後、京都の文化財修復研究所に送られ、多額の費用で修復されました。現在はセンター北駅前の横浜市歴史博物館に陳列されております。

 私が記憶している大山代参の行事は盛大でした。

 当番らしい方数名が白装束に身を固め、金剛杖をつきながら、山田富士の頂上まで歌は忘れましたが、よく小泉峯吉さんが音頭をとって登り、頂上でお祈りの行事が行われました。それから御神酒を戴き、倶楽部の庭で部落二派に別れ、大きな樽五〜六本に用意した水を双方がかけあいました。

 これは雨乞いの行事と思います。

 大山代参は家内安全、五穀豊穣、町内安全を目的としており、毎年八月上旬に行われております。

関連記事powered by weblio


10/22(日)は衆議院選挙へ

【注意】都筑区内6カ所の投票所が変更、詳細はHPへ

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/soumu/toukei/top.html

<PR>

都筑区版のコラム最新6件

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第11回

都筑区の歴史を紐解く

10月5日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第10回

都筑区の歴史を紐解く

9月21日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第9回

都筑区の歴史を紐解く

9月14日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第8回

都筑区の歴史を紐解く

8月31日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第8回

都筑区の歴史を紐解く

8月17日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期から昭和の北山田から 第7回

都筑区の歴史を紐解く

6月22日号

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第11回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    10月5日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク