川崎区・幸区版 掲載号:2017年5月19日号

ブレイクダンススクール主宰

石川氏 五輪選手育成へ スポーツ

競技の普及に向け注力

ブレイキン普及に注力する石川氏
ブレイキン普及に注力する石川氏

 ブレイクダンスの第一人者で川崎区にも縁が深い石川勝之氏が、2018年ブエノスアイレスユース五輪に初採用されたダンススポーツ競技種目「ブレイキン」の国内準備推進組織の部門責任者に就任した。今後同競技の選手育成や普及などに力を注いでいく。

 来年ブエノスアイレスで開催されるユース五輪で「ブレイキン」(ブレイクダンス)が正式種目に初採用された。これを受け世界ダンススポーツ連盟日本代表団体でIОC公認競技種目団体の公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF・齊藤斗志二代表理事)は、組織内にブレイクダンス部を設置。スポーツ的側面からブレイキンの更なる発展を目指していくとし、同部の部長に、世界のブレイキンシーンで長きにわたって活躍を続ける石川勝之氏の就任を発表した。

 石川氏は、JR武蔵溝ノ口駅改札外でストリートダンスを続け、08年・09年にアメリカ・韓国で開催された世界大会で優勝するなど、溝口がブレイクダンスの聖地と呼ばれる礎を作った。川崎区桜本商店街イベントでもパフォーマンスを披露。現在は中原区在住で、仲間たちと世界にはばたくダンサーを育てたいと、宮前区にスタジオも構える。

 就任に際し石川氏は、「当初はスポーツとして扱われることに疑問がありましたが、JDSFとの話し合いでこちらの考え・思いに理解を示してくれたので、これまで僕らや先輩方が大切にしてきたものを消さないためにもこの役割を果たすことを決めました」と話す。

 五輪の正式種目に選ばれたことについては「勝敗をつけるためのポイント制などによりスポーツ化します。ヒップホップカルチャーやブレイキンを広めるためには素晴らしいことだと思いますが、あくまでこれまで慣れ親しんできたブレイクダンスとは別の、スポーツ競技として捉えてほしいという気持ちはあります」という。

 国内には昨年、世界最高峰の1on1大会「レッドブルBCワン」を日本人として初めて制して頂点に立ったISSEI(19)ほか、石川氏に続く世界で活躍する若者が多数おり、期待される。

 「この舞台が若い子たちの目指す夢のある場所になる可能性もある。自分を試せる場所のひとつとしてぜひ思いきりやってほしい」とエールを送る。
 

関連記事powered by weblio


神奈川こすもすのお葬式プラン

100人いれば、100通りのお葬式を

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

深瀬家長屋門(ふかせけながやもん)が市文化財に

手作りの神紋奉納

川崎の名匠久保田さん

手作りの神紋奉納

7月14日号

川崎 激戦東地区に

プロバスケBリーグ

川崎 激戦東地区に

7月7日号

戦犯受刑者の手記発見

明長寺

戦犯受刑者の手記発見

7月7日号

ヘイトとの闘いを本に

子育てテーマに病院タッグ

協同・臨港

子育てテーマに病院タッグ

6月30日号

関連記事(ベータ版)

川崎区・幸区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年7月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/