神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

幸区 かこさんのプレート披露 ゆかりの公園で活動紹介

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
公園に設置されたかこさんのプレート
公園に設置されたかこさんのプレート

 「だるまちゃん」シリーズなどで知られ、2018年に92歳で亡くなった絵本作家・かこさとしさんの功績と幸区とのつながりを紹介するプレートが4月10日、幸区の古市場第2公園でお披露目された。保育園児や地域住民ら60人が参加し紙芝居を聞いたり、絵本を読んだり楽しんだ。

 かこさんは、26歳頃に幸区古市場に移住し、開設間もない頃の公園で地域の子どもたちに自作した紙芝居の読み聞かせをするなど、社会福祉活動(セツルメント活動)に熱心に取り組んだ。この活動が創作の原点となったといわれいる。

 幸区は、かこさんの活動を広く知ってもらおうと、公園での活動を紹介するプレートを設置。縦60cm、横90cmの大きさで、公園がその形状から「三角ひろば」の愛称で親しまれていることをはじめ、紙芝居を披露している様子の写真や、「からすのパンやさん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」など代表作のキャラクターも紹介している。

 お披露目式では、地域で読み聞かせをしている「まめっこサロン」が、かこさんの紙芝居を披露し、保育園児たちが楽しんでいた。

 幸区の赤坂慎一区長は「かこさんがこの公園で活動していたことは意外と知られていない。その功績を広く発信していければ」と期待した。また、古市場で育ちセツルメント活動で交流のあった吉田勤さん(78)は、「子ども会で七夕やクリスマスなど季節の行事を手作りで行った。話しやすく兄貴のように慕っていた。プレートが設置されてうれしい」と話していた。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

公園禁煙化、「望む」が54%

川崎市

公園禁煙化、「望む」が54%

6カ所でアンケート

6月14日

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月14日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

データが示す「充実度」

市の子どもの権利条例

データが示す「充実度」

市内在住・山田さんが分析

6月7日

災害VCに住民参加促す

幸区社協

災害VCに住民参加促す

 福祉計画の重点項目に

5月31日

文化でつながり後世へ

川崎沖縄県人会100周年

文化でつながり後世へ

会員数200世帯に回復

5月31日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook