さがみはら緑区版 掲載号:2017年5月18日号

競泳の日本選手権で、3種目の表彰台に上がった

小堀 倭加(わか)さん

西橋本在住 16歳

橋本から世界のスイマーに

 ○…スイマー日本一を決める大会。自由形の400mと1500mで2位、800mで3位と、出場した全種目で表彰台に立った。昨夏、1年生ながら高校総体で2冠に輝いて以降、目標に掲げてきた8月の世界ジュニア選手権出場も手の届くところにきている。「毎日、それだけを考えて練習してきた。今回は狙ったタイムが出せて、結果的に順位もついてきた」と顔にもいくらか安堵の色が浮かぶ。

 ○…日本選手権までの練習や試合で浮き沈みを繰り返し迎えた本番。「当日の感覚は今一つ」も、予選で好記録を出し「いつも自然とスイッチが入り、タイムが上がる」決勝での快泳に繋げた。生来の負けず嫌いの心残りは800mでライバルの後塵を拝したこと。高校総体では伸び悩む相手に先着したが、今回巻き返され「悔しくて泣きました」

 ○…生まれは奈良県、幼少期に西橋本へ。3人兄妹の末っ子は泣き虫で、相模原みどり幼稚園時代は「離れたくなくて毎朝親を困らせた」と振り返る。水泳との出会いもその頃。現在も所属する相模原ドルフィンクラブでの水泳教室に心躍り、小学生になり本格的に入会。小4年春に全国ジュニアオリンピックカップに初出場すると旭中学2年時には背泳ぎ200mで全国中学校大会2位。東京五輪の強化選手にも選ばれた。中3で壁にぶつかり、自分を高めるため強豪・湘南工科大附属高校に進学。自由形に専念し、鍛練の日々だ。

 ○…5時半前起床、6時過ぎに家を出る。2時間かけ辻堂にある高校へ。放課後は夜7時頃まで練習。映画や音楽鑑賞、部屋の掃除と、たまの休日はのんびり。旧友と会える希少な機会である橋本七夕まつりには少しでも時間があれば足を運ぶ。「社会と国語が苦手」とはにかむも成績はコースで学年トップ。言葉を選びつつ、つかえることなく意思を伝える聡明さと明るい笑顔が印象的。「東京五輪までに世界大会を経験したい」とその眼は3年先を見る。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

井戸 和宏さん

さがみはら認知症サポーターネットワーク(さがサポ)を運営するNPO法人Link・マネジメントの代表を務める

井戸 和宏さん

5月11日号

稲場 純さん

(株)リガルジョイント社長で、4月に相模原市青年工業経営研究会(青工研)の会長に就任した

稲場 純さん

5月4日号

芳晴(よしはる)(遠藤芳晴)さん

甲州街道に伝わる民話、伝説などを二胡や琵琶で語るライブを行っている

芳晴(よしはる)(遠藤芳晴)さん

4月20日号

タブレット純さん

お笑い芸人で、このほど相模原市名誉観光親善大使に選ばれた

タブレット純さん

4月13日号

小林 幸治(ゆきはる)さん

小原宿活性化推進会議の会長として、本陣を中心とした地域振興に尽力する

小林 幸治(ゆきはる)さん

4月6日号

秋葉 稔さん

相模原市パークゴルフ協会会長としてニュースポーツの普及に取り組む

秋葉 稔さん

3月30日号

関連記事(ベータ版)

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/