神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

さがみはら介護支援専門員の会の代表を務める 黒沢 愼五さん 相模原市勤務 43歳

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

改革目指し、舵をとる

 ○…介護支援専門員(ケアマネジャー)が少しでも働きやすくなるよう、社会的地位の向上や処遇改善に全力で取り組む。会に所属したのは約15年前。副代表を5年ほど務め、昨年5月の総会で「会の中で若手」の自分に白羽の矢が立った。「よし、やってやる。任せろ、という思いだった」と振り返る。就任してもうすぐ1年。「この1年はチャレンジの年だった。会は変化を求めてる。皆と力を合わせ、精一杯努めたい」。環境の改革へ向け、リーダーとして舵をとる。

 ○…大和市出身。「少し荒れていた」という学生時代。高校を中退し悩んでいた時、父の勧めで福祉の道へ。「将来、迷惑を掛けた父と母の面倒をみれたら」と福祉の専門学校に入校、介護福祉士の資格を取得した。しかし卒業後、ピザ屋に就職する。「福祉を『仕事』にしたくなかった」。ボランティアで活動を続けるも、できることに限界を感じ、翌年には老人ホームで働き始めることに。それでも「福祉でお金をもらいたくない」と、利用者からは「直接お金をもらわない」ケアマネを志し、猛勉強。5年後、見事一発で試験に合格する。今はケアマネとして働く毎日に、忙しくも充実感が漂う。

 ○…休日は5人の子どもと過ごす、子煩悩な一面も。「一緒にゲームして遊んだり」と目尻が下がる。ラーメン好きで週に2回は食す。「もっと食べたいけれど太るし」と恥ずかしそうに笑う。

 ○…現在、会は任意団体。「法定研修や介護認定調査を実施できるよう今後、法人格を得たい。それも目標の一つ」と達成のため邁進する。自らが選んだ福祉の道は「親をみとり、自身が介護されて完成する」と持論を展開し、「いつか福祉の人材を育てる学校が創れたら」と夢を語った。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

生方 美夫さん

ギャラリー誠文堂で5月20日から個展を開く

生方 美夫さん

中央区在住 73歳

5月16日

御手洗 理英さん

相模原市美術協会の会長に4月1日付で就任した

御手洗 理英さん

中央区在住 64歳

5月9日

東 正充(あずま まさみ)さん

相模原商工会議所青年部(相模原YEG)の第28代会長に就任した

東 正充(あずま まさみ)さん

南区在住 42歳

5月2日

原 幸治さん

橋本図書館の館長を4月1日から務める

原 幸治さん

中央区在住 56歳

4月25日

椎橋 薫さん

緑区長に4月1日に就任した

椎橋 薫さん

中央区在住 57歳

4月18日

金成 保廣さん

第14代相模原北警察署の署長に3月19日付で就任した

金成 保廣さん

相模原市在住 59歳

4月11日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook