さがみはら緑区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

牧野を拠点とするTeam UKYOに所属し、2017年全日本自転車競技選手権大会ロード・レースで優勝した畑中 勇介さん八王子市在住 32歳

今度は感動を与える番

 ○…210Kmの長いステージ。「一人では絶対に走り切れない」。自転車を漕ぐのは個々の力。だが、レースの行方を左右するのは、並走しながらエースの快走をアシストするチームの力。自身10回目の挑戦にして、仲間のサポートに見事応えてもぎ取った全日本優勝は、ジュニア世代の頃からトップクラスで活躍しながらも手にすることができなかった悲願のタイトルだった。

 ○…生まれ育ちは八王子。サイクリング好きな14歳の軟式テニス少年が、ある日「自転車屋のおっちゃん」に連れて行かれたのは、世界のトップチームが一堂に集うジャパンカップ。色とりどりのウェア、オイルの匂い、熱狂的な歓声…。「自分もプロになりたい」。以来、衝動に駆られるままに、自転車にのめりこんだ。「あの光景を観て何かを感じない人はいないですよ」

 ○…高校3年時にジュニア全日本選手権で優勝。卒業後、若手育成に注力していたチームブリヂストン・アンカーのジュニアチームに加入し、海外遠征で力を付けた。順調な道のりと思いきや、移籍したスキル・シマノで世界プロレベルの壁にぶつかる。進退を模索する中、帰国し競技を継続。国内ではトップクラスを保持したが、全日本選手権だけはなかなか勝てない。そんな時、片山右京氏に出会い、発足まもなく勢いのある「Team UKYO」に加わった。

 ○…牧野の旧菅井小学校を利用したチーム拠点から津久井の山々を抜け、奥多摩や山梨方面へ疾走する。藤野やまなみ温泉で汗を流すこともしばしば。「最近、地元の人が声をかけてくれる。あれはうれしい」。風呂上りの生姜焼き定食は定番だ。本場欧州での戦いを春先に見据えながら、秋は国内やアジアで国際大会に臨む。3年後の東京五輪、相模原はロード・レース競技のコースとして検討されている。「僕がかつて受けた感動を、地元の人に味わって欲しい」。その舞台に自分が立つことは、「狙わない理由はないですよ」

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

前田 誠一さん

相模原市の里親らで構成される「さがみの里親会」で会長を務める

前田 誠一さん

11月16日号

佐藤 貴浩さん

つくい湖湖上祭実行委員長として冬の一大イベントを盛り上げる

佐藤 貴浩さん

11月9日号

根本 もねさん

シングル「真夏のHANABIは遊びに師なしてるて姫」を発表し、小原宿本陣祭に出演する

根本 もねさん

11月2日号

谷 昭次さん

相模原市橋本倫理法人会の会長に就任した

谷 昭次さん

10月26日号

網野 通さん

津久井やまびこ祭り実行委員長としてイベントを取り仕切る

網野 通さん

10月19日号

藤井 蘭秀(らんしゅう)さん(本名 万由美)

第39回日本書展で文部科学大臣奨励賞を受賞した

藤井 蘭秀(らんしゅう)さん(本名 万由美)

10月12日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク