小田原版 掲載号:2017年3月18日号
  • googleplus
  • LINE

すすき野原をなめる炎 仙石原で山焼き

文化

山焼き実行委員や地元消防団など199人が参加
山焼き実行委員や地元消防団など199人が参加
 景観維持を目的に、毎年春先に行われる箱根町仙石原の山焼きが3月9日に行われた。

 午前10時34分、県道75号線から100mほど山の方へ上がった台ヶ岳側から点火。前日午後には雪がちらつき、山焼き当日のすすき野原は一部凍っていた場所もあり、炎の広がりはゆるやか。点火から50分後の11時25分、一瞬の風に炎が大きくうねり、勢いを増し、白く立ち上る煙が雲のたなびく空に溶けてゆく。

 11時38分、すすきが燃える「ぱちぱち」という波のような音が「ザーザー」と滝のような音に変わり、11時45分に台ヶ岳側が焼きあがった。

 山焼き前は一面小麦色だったすすき野原は、墨色の世界へ一変。芽吹きの季節を待つ。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月16日号

お問い合わせ

外部リンク