小田原版 掲載号:2017年4月8日号

感謝の思い笑顔に込め 社会

”フラガール”の駒井萌さん

弾ける笑顔と大きな声で、ファンから「元気印」と人気を呼ぶ駒井さん=3月31日・スパリゾートハワイアンズ
弾ける笑顔と大きな声で、ファンから「元気印」と人気を呼ぶ駒井さん=3月31日・スパリゾートハワイアンズ

 福島県いわき市のレジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」で、小田原市成田出身の”フラガール”がステージに立っている。指の先までしなやかに、かと思えば弾けるような足さばきで踊る、駒井萌(もえ)さんだ。

 豊川小在学時から、家族で頻繁に同施設を訪れていた駒井さん。華やかな衣装をまとい満面の笑顔で踊るダンサーに憧れ、ショーの途中に行われる体験コーナーでは、しばしばステージに上がっていた。

 小田原総合ビジネス高(現小田原東高)3年時、進路を決めきれずにいたときに頭に浮かんだフラガールの姿。ホームページで求人情報を探し続け、募集が出るとすぐに願書を取寄せた。リズム感や一般常識、面接等の試験に挑み2012年10月、フラガールを養成する「常磐音楽舞踊学院」の合格通知を受け取る。高校の卒業式を終えた13年3月末、一人福島へと旅立った。

 フラをはじめジャズダンスやクラシックバレエ、茶華道、声楽まで多岐にわたるレッスンを受け、「スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム」の一員として初舞台を踏んだのは同年8月1日。祖父母と両親、2人の妹が見守った。

 現在は月に20日ほどショーに出演する。中学時代のバスケ部の顧問、高校の進路指導の先生、小田原から応援に来てくれた友人、初舞台以来毎週通ってはビデオを送ってくれる父など、「支えてくれた人たちがいるから、今の自分がある」と、感謝の気持ちを忘れない。

 この春、同郷の後輩ができた。5年目を迎え、「一人でも多くのお客さまに笑顔と元気を届けたい。これからは自分の色も出していけたら」―。輝く瞳で今日もステージに立つ。
 

小田原版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

芳香に誘われて

芳香に誘われて

ローズフェスタ開催中

5月9日~6月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/