都筑区版 掲載号:2013年8月8日号
  • googleplus
  • LINE

東山田工業団地地域つなぐツールに 防災マップで企業を紹介

社会

企業を訪問する生徒たち
企業を訪問する生徒たち
 「東山田工業団地にある企業93社を、新しく住み始めた人に知ってもらいたい」という思いから、地域の防災マップづくりの活動が7月30日から始まった。同工業団地内にある(株)スリーハイ(男澤誠社長・東山田4の42の16)が主体となり、東山田中学校の生徒などボランティアと協力して製作する。

 東山田工業団地は、製造業者など93社の企業が立ち並ぶ準工業地帯。近年、居住地として港北ニュータウンの人気が高まるにつれ、同工業団地内にもマンションや戸建てが建ちはじめ、新しく住み始める人が増えている。

 そんな中、懸念されているのが企業と新住民の関係性。「もともと企業の活動としてトラックの交通量が多かったり、騒音などはある。でも新しく住み始める人がそれを知らないで来ると、苦情になってしまうかもしれない。地域でコミュニケーションをとって、お互い理解することでトラブルを未然に防ぎたい」と話すのは(株)スリーハイの男澤社長。同工業団地内で経営する一企業として地域貢献活動を進める中、地域のつながりづくりを考えてきた。

 そこで、第一歩として実施するのが同工業団地の防災マップづくり。AEDや消火器など、企業のもつ防災設備の情報を公開するとともに、事業内容なども記載する。「製造業などは外からだと何をやっているかわからないことが多い。まず、地域にどんな企業があるのかを知って欲しい。企業と住民、協働でのコミュニティづくりをしていければ」と男澤社長。

 マップづくりに協力するのは、中学生のボランティア。つづきMYプラザ主催の2013年度事業「はぁとdeボランティア」として、東山田中学校の生徒を中心に10人が参加する。8月22日まで9日の実施日を設け、直接一件一件の企業を訪問して取材する形で情報を集める。これには、地元の子どもたちに社会を知る経験をしてもらいたいという願いも込められている。

 7月31日には、「団地営繕」や「吉野コーヒー」など、約10社をボランティアが取材。中には、実際の仕事場を見学させてくれた企業も。参加した岸ともみさん(東山田中・1年)は、「会社を訪問するのはドキドキするけど、優しく対応してくれる人もいた」と感想を話した。

 防災マップは、9月にA1版で500部印刷する。取材した93社に加え、東山田四丁目町内会内の200世帯に配布。また、つづきMYプラザなどにも展示される予定。

暑中お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月26日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク