神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2015年6月25日 エリアトップへ

ひとり親在宅就業支援 区内NPO、市事業を継承 28日から本格始動

文化

公開:2015年6月25日

  • LINE
  • hatena
在宅ワークを学ぶ参加者(写真は過去)
在宅ワークを学ぶ参加者(写真は過去)

 区内を拠点に地域活動を行うNPO法人「I Loveつづき」(岩室晶子理事長)が、ひとり親の在宅就業とネットワークづくりをサポートする事業「はまみらいネット2015」に着手。11年から14年まで取り組んだ市の事業を継承する形で再スタートする。

 05年の国勢調査では、横浜市内の母子または父子家庭の世帯数は約1万8000世帯。10年の同調査では約2万1000世帯となり、3000件増加している。市青年局こども家庭課によると「夫婦の離婚率上昇に伴い、ひとり親の世帯数は増加傾向にある」と話す。

 市は11年から、家庭で子どもと過ごす時間を確保できるよう、在宅ワークをサポートする事業「はまみらい.ネット」を開始。年間約100人、延べ約300人に在宅就業のサポートをしてきたが、同事業の施行期限を迎え、14年に終了となった。

 同法人は市の委託団体として、開始当時から従事。これまでのノウハウを活かし、今年度から事業を引き継ぐ形で支援を展開。区内中川の事務所を活動拠点に情報発信などに力を入れる。

 以前は市内対象の事業だったが、今回は市外の参加者も募集。6月28日(日)には「第1回交流会&事業説明会」を開催し、その後7月から月1回程度講座を開き、自宅でできる仕事や就職に活かせるスキル養成を促進させる考えだ。

スキル養成講座

 講座内容はひとり親に有益な情報を発信するサイトの設立と運営。関連する団体などに取材し、記事を作成するといったプログラムも盛り込まれている。また今秋からはエクセルとワードを使いこなす実用的な講座も予定しており、これらを経て、自らの得手不得手に応じた仕事を考え、独立を目指す。

 同法人によると、卒業した受講生で事務職に就職した人も多いという。またHP作成などの仕事が入ってくることもあり、それぞれが充実した在宅ワークを過ごしている。岩室理事長は「ひとり親は精神的に不安定な方もいる。その中で集まって講座を受けることで『一人じゃない』と感じてもらえる人が多い。親同士のコミュニティ形成の役割も果たしている」と話している。詳細は同法人【電話】045・306・9004。

都筑区版のトップニュース最新6

通年スポーツフロア化へ

横浜国際プール

通年スポーツフロア化へ

市、再整備計画素案示す

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

54歳、最後の挑戦

米澤和昭さん(富士見が丘)

54歳、最後の挑戦

FD(フリーダイビング)日本代表で世界へ

6月6日

区内から12人が関東へ

陸上・県高校総体

区内から12人が関東へ

6月14日から東京で

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

5月30日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook