都筑区版 掲載号:2022年2月24日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【19】 地域から社会へと学校をつなぎ直す 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2022年2月24日号

  • LINE
  • hatena

 高校生くらいまでの子どもにとっては「社会」の前に「地域・コミュニティ」がある。生活圏としての地域・コミュニティが中核とならなければ、子どもにとってのリアリティある社会性は育たない。

 市が尾駅のそばに「あおばコミュニティ・テラス」がある。コロナ禍の2020年秋にオープンした施設で、地域の子どもの自発的な学びと成長を支援する「NPO法人まちと学校のみらい」の運営する活動拠点である。5年前に青葉区役所、市ケ尾中学校、市ケ尾高校と連携して取り組んだ「市ケ尾ユースプロジェクト」が基礎となっており、現在ほかの学校の中高生や大学生も自由に参加して活動が発展している。桐蔭学園も連携し活動に参加している。「学校はある時期の子どもしか見られないが、地域は学校段階を超えて子どもの成長を見続けることができる」と述べるのは竹原和泉さん(同法人代表理事)である。同じ子どもの成長を見て取る地域と学校の役割分担がうまく語られている。

 子どもの地域活動を支えるのは地域の大人である。子どもから地域、農家、役所、会社の仕事や活動を教えてください、と頼まれれば断れない。「こうだよ」と教えているつもりが、いつの間にか子どもから教えられていることもある。子どもを通して、それまで関係を持たなかった他の大人達がつながっていく。子どもが地域発展のメディアともなっている。おもしろい!

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のコラム最新6

学校から見た運動部の地域移行

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

学校から見た運動部の地域移行

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月23日号

今から始める相続の準備

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月26日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第22回『緑内障がある眼の白内障手術の注意点はありますか?』

4月28日号

生活者起点のパークがオープン

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】

生活者起点のパークがオープン

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第21回『眼によい食べ物を教えてください』

3月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook