神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2023年11月9日 エリアトップへ

区内農家 障害者の働く場を提供 互いにメリットある関係を

社会

公開:2023年11月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
種まきを行う障害者たち
種まきを行う障害者たち

 区内26の農家から成るJA横浜青壮年部都田支部は、今年4月から農作業への障害者雇用に取り組んでいる。障害者の働く場を増やすほか、人手不足や労働力不足で悩む農家の課題解決などを目指す。

 この取組は、同部が所有する農地や所属する部員の畑で障害者を受け入れ、収穫作業や草むしりなどの一部業務を担ってもらうというもの。作業を行うのは、都筑区障害者事業所ネットワーク「てつなぎつづき」に所属する区内26の福祉事業所の利用者らだ。池辺町でいちごなどを栽培する同部の田丸秀昭さんは、繁忙期には10人以上を受け入れている。「健常者と遜色のない、純粋な労働力として、大変助かっている」と話す。現在、区内で数件の農家が受け入れを行っている。また、部内で「仕事がちゃんとできるのか」「どうやって手伝ってもらうのか」「賃金は」などの疑問や悩みを共有することで、障害者雇用についての知識を深めている。

 田丸さんは「現在は収穫期などに人手不足に悩む農家が『要請』して短期間の受け入れを行うことが多い。今後は、理想である『通年雇用』を視野に入れていきたい」と話す。同取組を支援するJA横浜の担当者は「人手不足で悩む農家と、働く場不足で悩む障害者が、互いにメリットのある関係を築いてくれたら」と話した。

農作物の販売も

 11月21日(火)には、収穫したサツマイモなどの旬の農作物を、横浜市役所のアトリウムで販売する予定だ。農福連携で収穫した商品は今後も継続的に販売され、障害者も販売に立ち会う。

 田丸さんは「生産者でも消費者と直接関わる機会はあまりない。自分の作った作物が目の前で買われることが、障害者の人たちにとってやりがいや刺激になれば嬉しい」と話した。

都筑区版のトップニュース最新6

牧野造園が市長賞

よこはま花と緑のスプリングフェア

牧野造園が市長賞

立体デザインに高評価

5月16日

各校から会費徴収を停止

都筑区P連

各校から会費徴収を停止

市内で初の動き

5月16日

子育てに「ゆとり」創出

山中市長インタビュー

子育てに「ゆとり」創出

直接支援で実感へ

5月9日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

外遊びが5年ぶり復活

こどもみらいフェス

外遊びが5年ぶり復活

会場は「セン南」砂の広場

5月2日

ピークから2割減

都筑区子どもの人口

ピークから2割減

人口割合では区内トップ

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook