神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2023年11月23日 エリアトップへ

コラム㊶専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A 『近視が強いと眼の病気が出やすいと聞きましたが、どう注意したらよいでしょうか?』

公開:2023年11月23日

  • X
  • LINE
  • hatena

 近視は主に眼の長さ(眼軸長)が長くなることでピントの位置が手前になり遠方が裸眼で見えにくくなる状態ですが、近視の値がマイナス5Dを超えると「強度近視」といわれます。強度近視は単に眼の長さが長くなるだけでなく、網膜や視神経なども引き伸ばされて構造的な弱さを呈してしまうことが問題です。

 一番は網膜に穴が開き眼の壁から剥がれてしまう「網膜剥離」です。初期症状の飛蚊症や光視症が出たら早い段階で受診し、網膜裂孔ないし軽度の剥離ならレーザー治療で済む場合もあります。しかし、網膜がある程度剥がれてしまうと、本格的な手術が必要です。

 その他、緑内障も出やすいです。緑内障は初期の自覚症状が出にくく、症状を自覚するのは進行後ですので、40歳を過ぎたら検診を受けることが大切です。網膜の中心部の黄斑に新生血管を生じ、近視による黄斑変性を起こすこともあります。治療には硝子体注射などが必要になります。

 白内障についても水晶体の中心部が硬くなる「核白内障」が多く、近視が急に進むことがあります。眼鏡がすぐ合わなくなるようなら疑う必要があります。また、レーシックや白内障手術などで近視を治した場合でも、元々の近視の眼の特性は残るため、こういった病気に注意が必要です。強度近視の方は、何か不調を感じたら、早めの受診が重要です。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

コラム㊹専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『緑内障の気があると言われましたが、どういうことでしょうか?』

2月22日

天然記念物の大イチョウ

つづき寺社巡礼

天然記念物の大イチョウ

第二回 長王寺(池辺町) 

2月22日

実りに繋げる学校現場の実践

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉛

実りに繋げる学校現場の実践

桐蔭学園理事長 溝上慎一

2月22日

どう過ごす?あなたにとっての大切な時間(とき)

どう過ごす?あなたにとっての大切な時間(とき)

第8回 あなたに寄り添う訪問看護

2月15日

2月 命輝く芽吹きの季節

都筑中央公園季節の便り

2月 命輝く芽吹きの季節

寄稿/NPO法人都筑里山倶楽部

2月1日

沖縄で4選手が躍動

FLY THE FLAG横浜ビー・コルセアーズ vol.4

沖縄で4選手が躍動

河村・キングらオールスターで

1月25日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook