旭区版 掲載号:2016年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

「クラシックの日」で演奏を行った、笹野台音楽堂を主宰するピアニスト 金子 直樹さん 笹野台在住 31歳

音色でつなぐ地域の輪

 ○…その音色を味わった聴衆は、さながら白黒映画の世界に入り込んだ気にすらなったという。笹野台中央商店会で行われた音楽イベント「クラシックの日」の一場面だ。演奏に使ったのは、中世ヨーロッパで誕生したとされる小型鍵盤楽器ヴァージナル。「上質な音楽を提供し、地域に貢献する」ことで、大好きな笹野台と商店街を盛り上げる。「笹野台を音楽の魅力に触れられる地域にしたい」

 ○…普段は同地でピアノ教室「笹野台音楽堂」を主宰する。教室に『堂』という字を使うのは、地域にとって「困ったときの駆け込み先のような場所にしたい」という願いから。生徒の年齢層もさまざま。これまで3歳から70歳以上まで、のべ40人が同教室で音楽に打ち込んできた。「プロを目指す方もいれば、趣味で弾きたいという方もいます」。心がけるのは、個々の満足度を高める指導だ。

 ○…生まれは港北区。幼いころからピアノに触れていた。小学校の授業で伴奏を引き受けると「周囲から認められた気がして」自信がついた。中高時代は時間が許す限り鍵盤と向き合う日々。「音楽以外の物事にも触れられる時期だったので少し後悔している」。そう苦笑するほど音楽に一途だった。音大に進学すると、ピアノを指導する面白さを知る。教室では「生徒の皆さんがどういう音楽をしたいのかを一緒に探っていく。演奏では得られない楽しみ」がそこにある。

 ○…笹野台に来たのは2年前。「他県にも家を探したが、ここが一番ホッとした」と語る。「名店揃い」と評す商店街が近くにあるのも愛着を持つゆえんだ。「何度かお店へ通うと顔を覚えてくれて」。会話のある人間関係に魅力を感じる点は、自らが指導者の道を選んだ理由にも通ずる。多忙な中、数少ない休暇は友人などとテーマパークへ。「分かる人にしか分からないんですが、BGMが意外に凝っていたりするんです」。24時間どこにいても音楽家である。

旭区版の人物風土記最新6件

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

齊藤 元希さん

車いす卓球の選手として国内外の大会で活躍する

齊藤 元希さん

2月1日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

1月25日号

大原 孝子さん

白根地区センターで韓国料理教室を開く「キムチの由季家」(上白根)の店主

大原 孝子さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大池公園でキャンプ

大池公園でキャンプ

参加者募集

3月17日~3月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク