神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
旭区・瀬谷区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

今年創設50周年を迎えた少年野球チーム・白根ファイターズの代表を務める 新屋 正成さん 白根在住 81歳

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

これからも「野球しようぜ!」

 ○…50周年を迎えた少年野球チーム「白根ファイターズ」で長年、小学1〜4年生で構成されるBチームの監督を務め、今年度から代表に就任した。「OBやコーチ、保護者を含めた親身な指導の賜物」と周囲のサポートに頭をさげた。

 ○…横浜に移り住んで間もなく、三男が「白根ファイターズ」に入団。3年生になった時にチームをサポートする「お父さんコーチ」の打診を受けた。中高時代は卓球少年で、野球は「ゴムボールと竹バットの三角ベース」の経験のみだったが、「裏方ならば」と引き受けた。ただコーチの数が少ないこともあり、トスを上げたり、ノックをしたり、と子どもたちと一緒に身体を動かすうちに指導にも熱が入るように。前任の代行で監督を任されるとそのまま監督に就任。以来40年に渡りチームと子どもたちに寄り添い続けている。

 ○…少年野球の魅力について「練習してできなかったことができるようになって喜ぶ子どもたちの姿」と目を細める。かつての教え子がコーチとして戻ってきたり、子どもを入部させたり、など3世代に渡ってチームに関わる関係者も増えた。近年は体力の衰えは如何ともしがたく、打撃投手を買って出ても「『もっと速い球投げて!』なんて言われて」と一抹の寂しさを滲ませた。

 ○…鹿児島県の生まれ。建設会社に就職。新幹線工事のために東京、広島、新潟に移り住んだ。市営地下鉄の工事所長として赴任して以来、横浜に住む。平日は仕事、土日は野球に明け暮れる日々。「家族サービスらしいこともできず…」と妻への謝罪と感謝の言葉が口をついて出た。もし三男が野球を始めていなければ、そんな問いに「休みの日は三浦で釣りでもしてたかな」と声を上げて笑った。

旭区・瀬谷区版の人物風土記最新6

小野木 富江さん

いけ花展お茶会を開いたあさひ茶花道協会の会長を務める

小野木 富江さん

旭区在住 84歳

6月13日

加藤 正信さん

開館40周年を迎えた白根地区センターの館長を務める

加藤 正信さん

旭区白根在勤 61歳

6月6日

西 奎亮(けいすけ)さん

改築された細谷戸駐在所(瀬谷区)の駐在員として勤務している

西 奎亮(けいすけ)さん

瀬谷区瀬谷町在勤 28歳

5月30日

関口 涼花さん

旭区のサンハートで、ベビーマッサージ&親子遊び教室の講師を務める

関口 涼花さん

旭区今川町在住 31歳

5月23日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月16日

山田 佳奈さん

「横浜スカーフ親善大使」の12代目メンバーに選ばれた

山田 佳奈さん

旭区在住 20歳

5月9日

横浜相原病院

6月19日と26日(各日10~13時)に復職支援研修を開催。参加者を募集中です。

http://www.yokohama-aihara.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

旭区・瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook